5

2015年12月1日、ニセコ・グランヒラフスキー場へのメインストリート、「ひらふ坂」に、【Gallery かたち】がオープンしました。

地元7人の作家によるギャラリーで、作家さん自ら店頭に立って販売されているそうです。

場所   居酒屋BANBANさんの店頭、旧ウッドデッキスペース
営業日時 2016年3月末まで無休 11時から19時まで

期間限定ギャラリーですので、今シーズン、ニセコにスキーにおいでの際はぜひお立ち寄り下さい。

1234

December_Ogawara

小川原脩記念美術館の土曜サロン、12月は満を持してしての藤田嗣治登場です。
クリスマスkidsコンサートもありますよ!
竹岡 羊子 展 The Carnival ! は12月13日まで。お見逃しなく。
—————————

【日時・場所】
12月 19日(土)14時~15時 「エコール・ド・パリ物語4 素晴らしき乳白色の肌! 藤田嗣治」

小川原脩記念美術館映像ルームにて。参加は無料です。
  ※常設展・企画展の観覧には入場料が必要です。

ちらしダウンロード(pdf)

【講師】
柴  勤 (しば つとむ) さん
小川原脩記念美術館 館長

小川原脩記念美術館
倶知安町北6条東7丁目1(〒044-0006)
TEL:0136-21-4141 FAX:0136-21-4142

Shu Ogawara Museum of Art
Kita6,Higashi7,Kuchan,Hokkaido,JAPAN
tel:+81-136-21-4141 fax:+81-136-21-4142

paskin

小川原脩記念美術館の土曜サロン、11月の2回目は今週末の開催です。
クローズアップするのは、モンマルトルのダンディズム、パスキンで、案内してくださるのはいつものように柴館長です。
柴館長は、北海道立近代美術館に在職中、パスキンをご専門とされていました。
ダンディズム、そして自由人とは。パスキンの生き方と作品を存分に語っていただきます。

————————-
1885年、ブルガリア生まれのパスキンは、19歳の時にドイツで挿絵画家としてプロデビュー、翌1905年からはパリを拠点に活動した。第一次大戦中はアメリカに戦火を逃れるが、戦後は活気あふれるパリに舞い戻る。
それからの10年間、黒いスーツと白いマフラーに身を固めたパスキンは、文字通り花形スターであった。アンニュイな女性像や愛らしい少女たち、宗教に題材を得た風俗画、素朴な風景画。その絶頂期、45年間の人生に自ら幕を下ろした。
—————————

【日時・場所】
11月 28日(土)14時~15時 「エコール・ド・パリ物語3 モンマルトルのダンディズム、自由人パスキン 」

小川原脩記念美術館映像ルームにて。参加は無料です。
  ※常設展・企画展の観覧には入場料が必要です。

案内チラシ(pdf)

【講師】
柴  勤 (しば つとむ) さん
小川原脩記念美術館 館長

小川原脩記念美術館(ご利用案内)
倶知安町北6条東7丁目1(〒044-0006)
TEL:0136-21-4141 FAX:0136-21-4142

Shu Ogawara Museum of Art
Kita6,Higashi7,Kuchan,Hokkaido,JAPAN
tel:+81-136-21-4141 fax:+81-136-21-4142
     

flyer_
「北ぐにの草花と私」講演会・「透明水彩で花を描こう」美術講座・「植物 産業遺産」見学会・「草木染」体験など。

詳しくはフライヤーをご覧ください。

IMG22

Petit-Train

小川原脩記念美術館の土曜サロン、6月は柴館長による「アートな観光案内」です。

【日時・場所】
6月 27日(土)14時~15時 「アートな観光案内 モンマルトルのプチ・トラン」

小川原脩記念美術館映像ルームにて。参加は無料です。
  ※常設展・企画展の観覧には入場料が必要です。

【講師】
柴  勤 (しば つとむ) さん
小川原脩記念美術館 館長

小川原脩記念美術館(ご利用案内
倶知安町北6条東7丁目1(〒044-0006)
TEL:0136-21-4141 FAX:0136-21-4142

Shu Ogawara Museum of Art
Kita6,Higashi7,Kuchan,Hokkaido,JAPAN
tel:+81-136-21-4141 fax:+81-136-21-4142
     

3月
3
0

くっちゃんART 2015

kutchan-art2015

倶知安町と羊蹄山麓に住む芸術家、そしてそれぞれの芸術家たちと繋がりを持つ海外の芸術家が、多様な表現による多彩な作品を持ち寄って、地方ならではの個性ある芸術文化を紹介します。
“KUTCHAN ART 2015” showcases varied works of art not only by local artists from Kutchan town and the Yoeti submontane area but also unique works by artists from overseas.

【開催期間】2015年2月21日(土)~3月22日(日) フライヤー(pdf)
[Exhibition period] 21 February – 22 March 2015

【出品作家】
荒野洋子 ARANO, Yoko      (書)
上田 茂 UEDA, Shigeru     (水彩画)
坂井和子 SAKAI, Kazuko     (油彩画)
嶋貫由紀子 SHIMANUKI, Yukiko (テンペラ画)
高橋篁仙 TAKAHASHI, Kosen   (日本画)
武田志麻 TAKADA, Shima    (版画)
徳丸 晋 TOKUMARU, Shin    (写真)
徳丸 滋 TOKUMARU, Shigeru  (アクリル)
西村勝廣 NISHIMURA, Katsuhiro  (日本画)
林 幸子 HAYASHI, Sachiko   (陶)
林 雅治 HAYASHI, Masaharu  (陶)
府川 誠 FUKAWA, Makoto    (版画)
福田好孝 FUKUDA, Yoshitaka   (油彩画)
本庄隆志 HONJYO, Takashi    (アクリル画)
本庄優子 HONJYO, Yuko     (水彩画)
宮村 勉 MIYAMURA, Tsutomu  (油彩画)
山田則意 YAMADA, Norioki    (油彩画)
アンジェラ・サーボ Angela Szabo (アクリル画)
ヘザー・マッカルマン Heather McCalman(油彩画)
イアン・J・マシィー Ian J. Massie(油彩画)
マーゴ・バトリー Margo Bartley (水彩画)
レインハード・アートバーグ Reinhard Artbreg(版画)

【お問い合わせ先】
小川原脩記念美術館 (ご利用案内
 電話番号:0136-21-4141  FAX:0136-21-4142
[Place & contact] Shu Ogawara Museum of Art(1, Kita 6 Higashi 7, Kutchan; TEL:0136-21-4141)

【常設展】
小川原 脩  自伝風な展覧会-私の歩いてきた道-

開催期間:2014年11月29日(土) ~ 2015年4月20日(月)

impression モネ「印象・日の出」(1873)とゴッホ「アルルのはね橋」(1888)

小川原脩記念美術館の土曜サロン、3月は2月に引き続き柴館長による「印象派の旅」です。

【日時・場所】
1)3月 7日(土)14時~15時 「印象派の旅3 ルーアンからノルマンディー」
2)3月14日(土)14時~15時 「印象派の旅4 パリからアルルへ」

 いずれも小川原脩記念美術館映像ルームにて。参加は無料です。
  ※常設展・企画展の観覧には入場料が必要です。

1)のルーアンとは、モネがルーアン大聖堂の連作を制作した町、ノルマンディーとは印象派の記念碑的な作品であるモネの「印象・日の出」が制作されたル・アーヴルの港町一帯を指す地方名です。
2)のアルルは、オランダからパリへ出てきて印象派に衝撃を受けたゴッホが、画家仲間の共同体を夢見て辿りついた南フランスの町です。

【講師】
柴  勤 (しば つとむ) さん
小川原脩記念美術館 館長

小川原脩記念美術館(ご利用案内
倶知安町北6条東7丁目1(〒044-0006)
TEL:0136-21-4141 FAX:0136-21-4142

Shu Ogawara Museum of Art
Kita6,Higashi7,Kuchan,Hokkaido,JAPAN
tel:+81-136-21-4141 fax:+81-136-21-4142

flyer
大変お待たせしました。「ニセコ冬の音楽祭2014 第1夜 in Hirafu」の発表です。
We are very happy to announce the Niseko Winter Music Festival 2014 in Hirafu!

Guitar YASUJI OHAGI / ギター 大萩 康司

Quartet Excelsior / クァルテット・エクセルシオ

Niseko Winter Music Festival in Hirafu ニセコ冬の音楽祭 in Hirafu

From Australian Outback to Japanese Satoyama
アウトバックから里山まで

<弦楽四重奏>

  • Haydnハイドン:String Quartet 弦楽四重奏曲 作品20-6 第1楽章
  • Claude Debussyクロード・ドビュッシー:String Quartet 弦楽四重奏曲より第1楽章
  • Japanese folk songs “So-run bushi” , “A Cradle song in Itsuki” 日本民謡 「ソーラン節」、五木の子守唄
  • Peter Sculthorpe ピーター・スカルソープ:String Quartet No. 15 “A Love Song” 弦楽四重奏曲第15番より「ラブ・ソング」
  • <混合>

  • Franz Schubertフランツ・シューベルト:Guitar Quartets ギター四重奏曲より
  • Enrique Granados グラナドス:Guitar Quintet, From Danzas Espagñolas ギター5重奏版 スペイン舞曲集より 
  • Radamés Gnattali ニャタリ:From Sonata for Cello and Guitar ギターとチェロのソナタより 
  • Luigi Boccherini ルイジ・ボッケリーニ:“Fandango”from Guitar Quintets ギター五重奏より「ファンダンゴ」
    • Date 日時 : Tuesday 11th February 2月11日(火・祝) Door Open 5:30pm Start 6:00 開場 5:30 開演 6:00
    • Venue 場所 :Restaurant – Cafe – Bar IKi 粋 (四季ニセコ 1F) 


    • Ticket for Each Concert チケット

      Flyer ちらし 

      3,000 yen  (incl.tax 税込)   

      Children under 7 years old can not enter the concert.
      未就学のお子様の入場はできません。

      Booking & Enquiries ご予約・お問い合わせ
        Explore Nisekoエクスプロアニセコ  

        Tel: 0136-55-8848

        Email: info@explore-niseko.com

      その他チケット取扱い : プラティーヴォ、ニセコリゾート観光協会,ニセコビュープラザ,まちの駅ぷらっと, Restaurant – Cafe – Bar IKi 粋 
        1月31日より発売予定

      ◆Presented by Niseko Winter Music Festival executive committee  主催 ニセコ冬の音楽祭実行委員会

      ◆後援:ニセコ町、ニセコリゾート観光協会、倶知安町、北海道後志総合振興局(予定)

      ◆Supported by 協賛
      Hokkaido Tourism Management / Niseko Management Service / Niseko Promotion Board /IKI 粋 / Prativo / 高橋牧場ミルク工房

      ニセコ冬の音楽祭 in Hirafuは地域づくり総合交付金の補助を受けて実施しています。

      ニセコ冬の音楽祭 in Niseko についてはこちらもご覧ください。
      As for the Niseko Winter Music Festival in Hirafu, please visit the following webpage.
      NWMFニセコ冬の音楽祭 in Niseko

    Photo by Ryotaro Horiuchi

    Photo by Ryotaro Horiuchi

    _DSF0055

    お待たせしました。毎年、大好評を博している「ニセコ冬の音楽祭」が、今年はリニューアル企画で開催されます。まずは第1弾、ニセコ冬の音楽祭 in Nisekoのご案内です。

    Guitar YASUJI OHAGI / ギター 大萩 康司

    Quartet Excelsior / クァルテット・エクセルシオ

    Tango in the Snow 雪原に響くタンゴ

       
    <弦楽四重奏>

  • Mozart モーツァルト:弦楽四重奏曲第10番KV.170より第1楽章(仮) Divertimenti ディベルティメント第1番、第1楽章
  • Jean René Désiré Françaix デジレ・フランセ:弦楽四重奏曲より第1楽章
  • Astor Piazzolla アストル・ピアソラ:ブエノスアイレスの冬Invierno Porteño/鮫/オブリビヨンOblibion
  • <混合>

  • Franz Schubert フランツ・シューベルト:Guitar Quartets ギター4重奏曲より
  • レクオーナ:未定
  • ニャタリ:ギターとチェロのソナタ
  • Luigi Rodolfo Boccherini ルイジ・ボッケリーニ: “Fandango”from Guitar Quintets ギター五重奏曲より「ファンダンゴ」
  • <ギターソロ> 未定 TBA

    • Date 日時 Wednesday 12 February 212日 水曜日
    • Venue 場所 Milk Kobo’s Restaurant Prativo ニセコミルク工房レストラン プラティーヴォ
    • Time 時間 630PM Start ( 5:45pm venue Open)午後6時30分開演 (午後545分開場)
    • *Including 1 drink/ ticket  おひとり様1ドリンク付




      Access アクセス
       ニセコ温泉湯めぐりバスをご利用ください片道大人500円)。
      Niseko Onsen Yumeguri Bus is available to the venue.Adult 500yen / one way)

          Welcome center ひらふウェルカムセンター 1715↓  2108
          Hirafu Intersection ひらふ十字街      1720↓ ↑2103
          Milk Kobo ミルク工房           1741  ↑2042

      ※ユナイテッドシャトル等、その他のバスをご利用の際には、「ミルク工房」前でお降り下さい。

      Flyer ちらし 



      Ticket for Each Concert チケット

      3,000 yen  (incl.tax 税込)   Children under 7 years old can not enter the concert.

      未就学のお子様の入場はできません。

      ◆Booking & Enquiries ご予約・お問い合わせ

        Explore Nisekoエクスプロアニセコ  

        Tel: 0136-55-8848

        Email: info@explore-niseko.com

      ◆その他チケット取扱い : プラティーヴォ, ニセコリゾート観光協会, ニセコビュープラザ, まちの駅ぷらっと, Restaurant – Cafe – Bar IKi 粋 (予定) 発売は近日中

      ◆Presented by Niseko Winter Music Festival executive committee  主催 ニセコ冬の音楽祭実行委員会

      ◆後援:ニセコ町、ニセコリゾート観光協会、倶知安町、北海道後志総合振興局(予定)

      ◆Supported by 協賛
      Hokkaido Tourism Management / Niseko Management Service / Niseko Promotion Board /IKI 粋 / Prativo / 高橋牧場ミルク工房

      *ニセコ冬の音楽祭 in Niseko はニセコ町観光魅力アップ補助事業です。






      Comming soon!

      Niseko Winter Music Festival in Hirafu ニセコ冬の音楽祭 in Hirafu

      From Australian Outback to Japanese Satoyama
      アウトバックから里山まで

      <弦楽四重奏>

    • Haydnハイドン:String Quartet 弦楽四重奏曲 作品20-6 第1楽章
    • Claude Debussyクロード・ドビュッシー:String Quartet 弦楽四重奏曲より第1楽章
    • Japanese folk songs “So-run bushi” , “A Cradle song in Itsuki” 日本民謡 「ソーラン節」、五木の子守唄
    • Peter Sculthorpe ピーター・スカルソープ:String Quartet No. 15 “A Love Song” 弦楽四重奏曲第15番より「ラブ・ソング」
    • <混合>

    • Franz Schubertフランツ・シューベルト:Guitar Quartets ギター四重奏曲より
    • Enrique Granados グラナドス:Guitar Quintet, From Danzas Espagñolas ギター5重奏版 スペイン舞曲集より 
    • Radamés Gnattali ニャタリ:From Sonata for Cello and Guitar ギターとチェロのソナタより 
    • Luigi Boccherini ルイジ・ボッケリーニ:“Fandango”from Guitar Quintets ギター五重奏より「ファンダンゴ」
      • Date 日時 :Tuesday 11th February 2月11日(火・祝) Door Open 5:30pm Start 6:00 開場 5:30 開演 6:00
      • Venue 場所 :Restaurant – Cafe – Bar IKi 粋 (四季ニセコ 1F) 
      • ニセコ冬の音楽祭 in Hirafuは地域づくり総合交付金の補助を受けて実施しています。

    jo

    ニセコ町商工会では、国際的な観光に対応する人材の育成を目指し、さまざま分野の講師による講演会「ニセコルネッサンスセミナー」を開催しています。平成25年度第3回目の講師には直木賞作家の佐々木譲氏を迎え、下記のとおり開催します。セミナーはどなたでも参加することができます(参加無料・要事前申込み)ので、ぜひご参加ください。

    平成25年度第3回ルネッサンスセミナー講演会

    テーマ:「リゾート地での創作活動~直木賞作家が見るニセコ~」
    講 師:佐々木譲氏
    日 時:2014年1月22日(水) 18:30~20:00
    場 所:ヒルトンニセコビレッジ3階「東山」
    参加費無料(事前にお申込ください)

    ニセコが舞台のひとつとなった「廃墟に乞う」で2010年の直木賞を受賞。
    ニューヨーク、バンクーバーなど海外での活動経験をもつ作家・佐々木譲氏が語るニセコの魅力とは・・・。

    (佐々木氏プロフィール)
    作家。道東やニセコなど北海道を中心に創作活動をおこなう。
    1950年北海道生まれ。1979年『鉄騎兵、跳んだ』でオール讀物新人賞を受賞。
    1990年『エトロフ発緊急電』で山本周五郎賞、日本推理作家協会賞、日本冒険小
    説協会大賞を受賞。2002年『武揚伝』で新田次郎文学賞を受賞。
    2010年、『廃墟に乞う』で直木賞を受賞する。著書に『ベルリン飛行指令』
    『ユニット』『天下城』『笑う警官』『駿女』『制服捜査』『警官の血』
    『暴雪圏』『巡査の休日』『密売人』『警官の条件』『地層捜査』『回廊封鎖』
    『代官山コールドケース』など多数。

    くわしくはフライヤー(pdf)もご覧ください。

    ◆主催◆ニセコ町商工会
    企画協力:北海道大学観光学高等教育センター
    問合先:ニセコ町商工会観光セミナー事務局 電話090-2074-1542

    ◆申込方法◆
    FAXまたはemailにて、「佐々木譲氏講演会参加」とご記入のうえ、「お名前、参加人数、連絡先電話」をお知らせください。
    FAX 0136-44-1173
    Email niseko-yama@hokkaido.email.ne.jp

    ◆問合せ先◆
    ニセコ町商工会観光セミナー事務局 電話090-2074-1542