小川原脩記念美術館 2017年6月の予定

0
Pocket

june4Click!(クリックすると大きくなります)

小川原脩記念美術館からお知らせです。
6月は毎週土曜にイベントがあります。土曜サロン、アート・シネマ館、ミュージアム・コンサートは無料です。
展示は4月22日から新しくなっていますので、まだご覧になっていない方は、ぜひイベントへの参加と合わせてお越しください(要観覧料)。

6月3日(土) 14:00~14:30は、アート・トーク 「帰ってきた小川原脩~よみがえる<納屋>」2です。
東京美術学校在学中に帝展入選を果たした「納屋」。80年以上の時を経て危機的状態に陥っていた名作が、修復家の手によって本来の姿を取り戻しました。
お話しは、沼田 絵美(学芸員)さんです。

第1展示室:小川原脩展「馬・犬・おおはくちょう」
第2展示室:小川原脩展「根津夕景-1930’s」

その他、6月のイベント予定は以下のとおりです。フライヤーもご覧ください。

―6月のイベント情報―​

  • アート・トーク
  • ​​「帰ってきた小川原脩~よみがえる『納屋』」
    東京美術学校(現東京芸術大学)在学中に帝展入選を果たした「納屋」。80年以上の時を経て危機的状態に陥っていた名作が、入念な修復により元の姿に蘇える過程を伝えます。
    日時:6月3日 土曜日 14時~15時
    会場:展示室(観覧料が必要です)
    お話し:沼田 絵美(当館学芸員)

  • ​​土曜サロン
  • アート探訪〈みて☆きいて〉2
    「フェルメール 静寂のフェルメール」
    17世紀オランダの画家フェルメール。残された作品は、わずかに30数点。彼の生い立ちや生涯に関する数少ない資料をもとに、実像を求めて生地デルフトを訪ねます。
    日時:6月10日 土曜日 14時~15時
    お話し:柴 勤(当館館長) 会場:当館映像ルーム 聴講無料

  • アート・シネマ館
  • 「真珠の耳飾りの少女」(2003年/100分/イギリス・ルクセンブルク(字幕))
    「青いターバンの少女」とも呼ばれるフェルメールの作品に着想を得た小説を映画化。天才画家と類まれな色彩感覚の持ち主で画家に霊感を与えた使用人との恋物語。
    日時:6月17日 土曜日 14時~15時
    お話し:柴 勤(当館館長) 会場:当館映像ルーム 聴講無料

  • ミュージアム・コンサート
  • ​「サウンド・カラーズ」
    小型チェンバロ「スピネット」を新たに製作したドイツ人職人クライスさん、その扉に羊蹄山を描いた徳丸滋さん、チェンバロ奏者の森さん、フルート奏者の大渕さんの4人による一大コラボレーション。
    出演:森洋子さん(チェンバロ奏者)、大渕宏一さん(フルート奏者)
    楽器:スピネット(小型チェンバロ)
    製作 ミハエル・クライスさん(パイプオルガン製作者)
    扉絵 徳丸滋さん(画家)
    日時:6月24日 土曜日 14時~15時
    会場:当館ロビー(無料)

    juneClick!(クリックすると大きくなります)