nov2017(ダブルクリックするとチラシが大きくなります)

小川原脩記念美術館から11月の展示およびイベントのお知らせです。

第1展示室、第2展示室とも、現在の展示は11月26日で終了します。まだご覧になっていない方は、ぜひイベントの開催などに合わせてお越しください。

◆第1展示室「小川原脩ものがたり」
会期:7月15日 土曜日~11月26日 日曜日

◆第2展示室「第59回 麓彩会展」
麓彩会は、1958 年、小川原脩をはじめとする 8 人の発起人により創設されました。59 回目の本展では、北海道における美術の現況をうかがい知ることのできる展覧会として、地域にゆかりが深く、かつ道内画壇を代表する作家13 人の作品を小川原脩作品とともに紹介します。
会期:9月30日 土曜日~11月26日 日曜日

11月の土曜サロンは、前半はアート・トーク、後半はルネサンスをテーマにしたアート探訪とアート・シネマ館です。

小川原脩記念美術館
倶知安町北6条東7丁目1(〒044-0006)
TEL:0136-21-4141 FAX:0136-21-4142

Shu Ogawara Museum of Art
Kita6,Higashi7,Kuchan,Hokkaido,JAPAN
tel:+81-136-21-4141 fax:+81-136-21-4142

adeleClick!(ダブルクリックしてください。大きくなります)

小川原脩記念美術館からお知らせです。
10月のテーマはクリムトです。
世紀末を激しく生きたオーストリアの天才画家グスタフ・クリムトは、上流社会に漂う退廃的な影を感じ取り、その金箔を散りばめたような作品に思いを込めました。
10月28日は柴館長のお話と映像によるアート・シネマ館です。クリムトの作品をめぐって実際に起こった国際裁判を追う「黄金のアデーレ」を鑑賞します。

    ◆アート・シネマ館「黄金のアデーレ~名画の帰還」
    2015年/109分/オーストリア・イギリス(字幕)
    ナチスに略奪されたクリムトの名画の正当な持ち主として名乗り出た82歳の女性が、オーストリア政府を相手に返還闘争を繰り広げた」実話に基づく感動的な物語。

  • 日時:10月28日 土曜日 14時~15時50分
  • お話し:柴 勤さん(小川原脩記念美術館館長)
  • 会場:小川原脩記念美術館映像ルーム
  • 聴講無料

第59回麓彩会展が9月30日から始まっています。
麓彩会は1958年、小川原脩をはじめとする8人の発起人により創設されました。
59回目の本展では、北海道における美術の現況をうかがい知ることのできる展覧会として、地域にゆかりが深く、かつ道内画壇を代表する作家13人の作品を小川原脩作品とともに紹介します。ぜひご覧ください。

会期:9月30日(土曜日)~11月26日(日曜日)
日時:9月30日(土)9 時30分~
※観覧料が必要です。

oct2017Click!(ダブルクリックしてください。大きくなります)

小川原脩記念美術館
倶知安町北6条東7丁目1(〒044-0006)
TEL:0136-21-4141 FAX:0136-21-4142

Shu Ogawara Museum of Art
Kita6,Higashi7,Kuchan,Hokkaido,JAPAN
tel:+81-136-21-4141 fax:+81-136-21-4142

amiClick!(ダブルクリックで大きくなります)

札幌で多彩な音楽活動を展開する音楽家グループ「コンセール・アミ」。今年もテノールの佐藤さんを中心に、国内外の美しく楽しい音楽の世界を聞かせてくれます。

  • 出演:佐藤貢さん(テノール)・丸山みゆきさん(ヴァイオリン)・吉田聖子さん(クラリネット)・塚越由し映さん(ピアノ)・柴瑞穂さん(ピアノ)
  • 日時:10月21日 土曜日 11時開演
  • 会場:小川原脩記念美術館ロビー(無料)
  • コンセール・アミのコンサートは、同日午後3時より岩内町の荒井記念美術館でも開催されます。

KlimtClick!(ダブルクリックしてください。大きくなります)

小川原脩記念美術館からお知らせです。
10月のテーマはクリムトです。
世紀末を激しく生きたオーストリアの天才画家グスタフ・クリムト。上流社会に漂う退廃的な影を感じ取り、その金箔を散りばめたような作品に思いを込めました。
10月14日は柴館長のお話と映像による「アート探訪」、10月28日はクリムトの作品をめぐって実際に起こった国際裁判を追う「黄金のアデーレ」を鑑賞します。

    ◆土曜サロン
    アート探訪〈みて☆きいて〉7
    「クリムト~愛と幻想のウィーン」

  • 日時:10月14日 土曜日 14時~15時
  • お話し:柴 勤さん(小川原脩記念美術館館長)
  • 会場:小川原脩記念美術館映像ルーム
  • 聴講無料

第59回麓彩会展が9月30日から始まっています。
麓彩会は1958年、小川原脩をはじめとする8人の発起人により創設されました。
59回目の本展では、北海道における美術の現況をうかがい知ることのできる展覧会として、地域にゆかりが深く、かつ道内画壇を代表する作家13人の作品を小川原脩作品とともに紹介します。ぜひご覧ください。

会期:9月30日(土曜日)~11月26日(日曜日)
日時:9月30日(土)9 時30分~
※観覧料が必要です。

nov2017Click!(ダブルクリックしてください。大きくなります)

小川原脩記念美術館
倶知安町北6条東7丁目1(〒044-0006)
TEL:0136-21-4141 FAX:0136-21-4142

Shu Ogawara Museum of Art
Kita6,Higashi7,Kuchan,Hokkaido,JAPAN
tel:+81-136-21-4141 fax:+81-136-21-4142

ニセコクラフトアートフェスティバル2017

ニセコ周辺の作家による作品の展示、販売会です。詳細はこちらのリンクおよび画像をクリックしてごらんください。
Exibition by artisans living in Niseko (Furniture, sculpture, pottery, accesory, flower). For more info, please see the event page and the flyer by clicking image.

日時:2017.10.5(木)~9(月/祝) 10:00~18:00(最終日は16時まで)

場所: ホテルシャレーアイビー
北海道虻田郡倶知安町字山田188-19
Dates: October 6 (Thu) to 10 (Mon / Holiday), 2016
Venue: Chalet Ivy

概要: ニセコ周辺の作家の作品の展示、販売会。

問い合わせ先: 実行委員会事務局 代表 一松
0136-44-1337/ 090-2075-6635