1月12日~14日の3日間に渡り、エリア内各所で開催された「第4回 ニセコ冬の音楽祭」が、大盛況のうちに幕を閉じました。
斬新なアイディアと演奏スタイルを追い求める、オーストラリア室内管弦楽団(ACO)の芸術監督リチャード・トネッティ氏と楽団の演奏者たちにより、本年の公演も昨年同様、3日間異なるプログラムが組まれ、楽団のユニークかつワールドクラスのパフォーマンスを見ようと、全日程来場されるお客さまも多数いらっしゃるほどでした。
 昨年に続き、日本を代表する若手クラシックギター奏者の大萩康司さんが全公演を通してゲストとして出演された他、いまオーストラリアで最も人気ある音楽奏者の一人であるジョゼフ・タワドロス氏によるエジプトの伝統楽器ウードの演奏もあり、大いに観客を魅了しました。
今回の音楽祭は、これまで以上に多くの外国人観光客が来場されていたことが印象的でした。各会場の入場者数の速報は次の通りです。
 1月12日(土) HANAZONO308 150人
 1月13日(日) グランヒラフ マウンテンセンター 200人
 1月14日(月) ヒルトンニセコビレッジ 250人  
のべ600人は過去最高記録となりました。
今回、演奏をしてくださったACOのメンバー、スタッフ、および大萩康司さんは、ニセコでの滞在を大変楽しまれたごようすで、口々に「来年もまた来たい」と言ってそれぞれの帰途に着かれました。また、オーケストラの芸術監督およびスタッフからは、これまでで最も完成度の高いコンサートができたと喜びの言葉を得ることができました。
本音楽祭は、今回はじめて実行委員会による企画・運営で行われました。地元のご協賛者様をはじめとし、ボランティアスタッフの皆様等、多くの方々からのご支援とご協力により、無事成功を収めることができました。この場をお借りして、イベント開催に当たりお力添えくださいました皆様に、心より御礼申し上げます。「ニセコ冬の音楽祭」が、エリアを代表する冬の文化イベントとして、末長く開催を続けて行けますよう、引き続き地元住民・関係者の皆様からのご支援とご協力を、よろしくお願い致します。
第4回ニセコ冬の音楽祭 実行委員会一同

The fourth annual Niseko Winter Festival was held successfully once more from 12 through 14 January.
Richard Tognetti, unconventional artistic director of the Australian Chamber Orchestra, along with his principal musicians, showcased unique programs each night at venues across the Niseko area. The varied performances and selections drew record audiences; 12 January,Sat HANAZONO308 150
13 January,Sun Grand Hirafu Mountain Center 200
14 January,Mon Hilton Niseko Village 250  

a total of 600 people attended the winter music series. Many fans were present on all three days.

Special performances by Yasuji Ohagi, one of Japan’s leading classical guitarists collaborated with the ACO throughout the event, and Joseph Tawadros, who is one of the most popular and powerful musicians in Australia fascinated the audiences with his playing the exotic Egypt instrument, oud.

This year, the number of international visitors saw a distinct increase. The musicians and the ACO staff seemed to enjoy themselves staying in Niseko, too. It is apparent that this unique event has certainly been gaining both local and global recognition.
This event was operated by the Executive Committee for the first time and could not be successful without the support of its sponsors, volunteer staff, and other local business partners. Thank you to everyone for your endless support!
We sincerely hope that the Niseko Winter Music Festival will keep growing as a keystone cultural event of Niseko’s winter in the future and appreciate everyone’s continued support.
By Niseko Winter Music Festival Executive Committee

「題名のない音楽会」の司会でもよく知られる指揮者佐渡裕さんが「本当に作りたかった未来形のオーケストラ」を目指して結成した兵庫県立芸術文化センタ(HPAC)オーケストラから4名の女性演奏家が北の大地に憧れてやってきます。

彼女たちはいずれも世界各地のオーディションで選ばれた新進気鋭のアーティスト。インターナショナルでフレッシュなオーケストラの一員として活動する彼女たちの奏でる音楽は、きっとニセコに温かい愛をいっぱい届けてくれることでしょう。

2013年2月2日(土) 開演21:00 (約40分)
場所:ナチュラルリゾートワイスホテル
※どなたでもご自由に鑑賞いただけます。

2013年2月3日(日) 開演15:00 (約90分)
場所:有島記念館
入場無料(常設展・企画展への入場は、観覧料が必要です)

2013年2月3日(日 開演19:30(約90分)
場所:ナチュラルリゾートニセコワイスホテル
※どなたでもご自由に鑑賞いただけます。

2013年2月4日(日) 開演19:00(約40分)
場所:ノーザンリゾートアンヌプリ “エクラ”
※”エクラ”でお食事をされるお客様が対象です。

出演者:
チャン・スージン(ヴァイオリン)
レベッカ・マタヨシ(チェロ)
アンドレア・クレサーテル(ビオラ)
メルコルカ・オラフスドッティア(フルート)
(HPAC 兵庫県立芸術文化センター管弦楽団所属「In a rare appearance in the northern prefecture of Hokkaido, four musicians from Sado-san’s Hyogo Performing Arts Center Orchestra revisiting Niseko and presenting a diverse chamber music concert. Selected through competitive international auditions to play in this unique orchestra, Soojin Chang(Violin), Rebecca Matayoshi(viola), Andrea Kleesattel(cello), and Melkorka Olafsdottir(flute) will step out of their roles as orchestral musicians to play member will find something to love.

2nd. Feb.2013(sat) 21:00〜21:40  at Niseko Weiss Hotel
-short performance of folk and popular classical songs.

3rd Feb 2013(sun) 15:00〜16:30 at Arishima Takeo Memorial Museum
-Mozart Quartet for Flute, Violin, Viola, Cello, and more.

19:30〜21:00 at Niseko Weiss Hotel
-Mozart Quartet for Flute, Violin, Viola, Cello, and more.

4th Feb 2013(mon) 19:00〜19:40 at Niseko Northern Resort An’nupuri “ECLAT”
-short performance of folk and popular classical songs.

ニセコで開催される芸術系イベントについて紹介するサイトです。よろしくお願いします。We’ve just launched nisekoarts.com.
We’re going to post the art event information in Niseko area.

aco20130112 (1) aco20130112 (3) aco20130113 (3) aco20130113 (4) aco20130114 (1) aco20130114 (3)

1月12日~14日の3日間に渡り、エリア内各所で開催された「第4回 ニセコ冬の音楽祭」が、大盛況のうちに幕を閉じました。
斬新なアイディアと演奏スタイルを追い求める、オーストラリア室内管弦楽団(ACO)の芸術監督リチャード・トネッティ氏と楽団の主要演奏者たちにより、本年の公演も昨年同様、3日間異なる
プログラムが組まれ、楽団のユニークかつワールドクラスのパフォーマンスを見ようと、全日程来場されるお客さまも多数いらっしゃるほどでした。

昨年に続き、日本を代表する若手クラシックギター奏者の大萩康司さんが全公演を通してゲストとして出演された他、いまオーストラリアで最も人気ある音楽奏者の一人であるジョゼフ・タワドロス氏によるエジプトの伝統楽器ウードの演奏もあり、大いに観客を魅了しました。
今回の音楽祭は、これまで以上に多くの外国人観光客が来場されていた
ことが印象的でした。各会場の入場者数の速報は次の通りです。

    1月12日(土) HANAZONO308 150人
    1月13日(日) グラン・ヒラフ マウンテンセンター 200人
    1月14日(月) ヒルトンニセコビレッジ 250人

延べ600人は過去最高記録となりました。
本音楽祭は、今回はじめて実行委員会による企画・運営で行われました。
地元のご協賛者様をはじめとし、ボランティアスタッフの皆様等、多くの方々からのご支援とご協力により、無事成功を収めることができました。
この場をお借りして、イベント開催に当たりお力添えくださいました皆様に、心より御礼申し上げます。
今回、演奏をしてくださったACOのメンバー、スタッフ、および大萩康司さんは、ニセコでの滞在を大変楽しまれたごようすで、口々に「来年もまた来たい」と言ってそれぞれの帰途に着かれました。
「ニセコ冬の音楽祭」が、エリアを代表する冬の文化イベントとして、末長く開催を続けて行けますよう、引き続き地元住民・関係者の皆様からのご理解とご協力を、何卒よろしくお願い致します。

※本イベントに関する事前のプレスリリースはNWMF2013プレスリリースからご覧ください。

The fourth annual Niseko Winter Festival was held successfully last weekend, from 12 to 14 January.
Richard Tognetti, innovative artistic director of the Australian Chamber Orchestra, along with his principal musicians, showcased a unique program each night at venues across the Niseko area. The varied performances and selections drew record audiences;

    12 January (Sat.) HANAZONO308 150
    13 January (Sun.) Grand Hirafu Mountain Center 200
    14 January (Mon.) Hilton Niseko Village 250

600 people attended the winter music series. Many fans were present on all three days.
In special performances during the event, Yasuji Ohagi, one of Japan’s leading classical guitarists, collaborated with the ACO.
Joseph Tawadros, one of the most popular musicians in Australia, fascinated the audiences with his playing on the exotic Egyptian oud.
This year, the number of international visitors saw a distinct increase.
The musicians and the ACO staff seemed to enjoy their stays in Niseko. It is apparent that this unique event has been gaining both local and international recognition. This was the first time for this executive committee to plan and organize the event, and it would not have been successful if not for the support of the sponsors, the volunteer staff and other local business partners. Thanks to everyone for your continuous support! We sincerely hope that the Niseko Winter Music Festival will keep growing as a keystone cultural event of Niseko’s winter, and we appreciate everyone’s continued support.By The Excutive Committee for the Niseko Winter Music Festival.

For more information, please refer to NisekoRelease.pdf.