あそぶっくでは、5月7日から5月23日まで絵画展示を行います。
ニセコ町内に在住し、自然や仏画を作品にしている西村勝廣さんの観音小品展を行います。
どなたでもご自由に鑑賞できますので、ぜひご覧ください。

問合せ/あそぶっく事務局 0136-43-2155

あそぶっく

◆ 所在地 
 北海道虻田郡ニセコ町字本通り105番地

◆ 連絡先
  Tel   0136-43-2155 
  Fax   0136-43-2156
 Email asobook@helen.ocn.ne.jp

◆ 開館時間  
 午前10時 ~ 午後6時 (5月から9月末まで毎週水曜日は開館時間を1時間延長して午後7時まで)

◆ 休館日
 ・毎週月曜日と祝日
 ・毎月第四金曜日(蔵書整理のため)
 ・年末年始

◆ 蔵書冊数
  31,355冊 ( 2013年3月31日現在 )

An exhibition of paintings is being held at Asobook from May 7 to 23 2013. Local artist Ktasuhiro Nishimura, who specializes in paintings of nature and Buddha, will present his “Sketches of Kannon”. Everyone is free to enter!

Contact: Asobook secretariat 0136-43-2155

MAP
105 Hondori Niseko town

◆Open hours  
 am10:00-pm6:00 (- pm7:00 on every Wednesday from May to September)

◆Closed on every Monday,holidays and the 4th Friday of every month.
 

有島記念館では、平成25年6月16日(日)まで有島武郎・有島生馬・木田金次郎絵画展を開催しています。初公開の絵画もあり、ぜひ一度ご覧下さい。
同時に「マチノキオク-ニセコ町の歴史Vol.1」と題してニセコ町の昭和30年代などの写真と現在の写真を合わせて紹介する企画展も開催しています。興味深い写真もありますので、どうぞ有島記念館へ足を運び下さい。

フライヤー(pdf)もご覧ください。

問合せ:有島記念館 0136-44-3245

有島記念館
〒048-1531
 北海道虻田郡ニセコ町字有島57番地
 TEL (0136)44-3245 FAX (0136)55-8484

○開館時間/午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

○休 館 日 /毎週月曜日及び年末年始 ※ただし5月から9月は無休
   (月曜日が、祝祭日及びその振替休日の時はその翌日)

○入 館 料 /大人:500円(団体20名以上:400円) 中学生:100円
         ※小学生以下および68歳以上のニセコ町民は無料

The ARISHIMA TAKEO Memorial Museum is now displaying works of Takeo Arishima, Ikuma Arishima and Kinjiro Kida including some paintings publicly shown in Japan for the first time.

The museum is also mounting the special exhibition “A Town’s Memory – Niseko’s History Vol. 1” , which shows the history of Niseko in 1950’s and 60’s. Pictures taken in that time are shown with pictures taken today in the same place, which must be interesting!

Contact/ARISHIMA TAKEO Memorial Museum 0136-44-3245

ARISHIMA TAKEO Memorial Museum

 TEL (0136)44-3245 FAX (0136)55-8484

○Open hours / from 9am to 5pm (Entrance is open till 4.30pm)

○Holiday / Every Monday and year-end and new-year. *Open every day from May to September.
   (When a Monday falls on a national holiday, the Museum opens. Then the Museum closes on the following Tuesday)

○Admission / Adult 500 yen (*group rate more than 20 people:400 yen ) Junior high school student 100yen
         ※Kids under 6yrs and senior residents (+68) are free.

有島記念館では、現在、「新収蔵品展2012第2期」を開催し、当館初となる有島武郎の自筆原稿「雑信一束」を展示しています。武郎の筆跡や加筆訂正した跡から、作品を生み出す苦しさなどを感じ取ることができます。肉筆からしか感じられない作家の営みに思いを馳せてみませんか。

問合せ/有島記念館(淵野・伊藤)0136-44-3245

有島記念館
〒048-1531
 北海道虻田郡ニセコ町字有島57番地
 TEL (0136)44-3245 FAX (0136)55-8484

○開館時間/午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

○休 館 日 /毎週月曜日及び年末年始 ※ただし5月から9月は無休
   (月曜日が、祝祭日及びその振替休日の時はその翌日)

○入 館 料 /大人:500円(団体20名以上:400円) 中学生:100円
         ※小学生以下および68歳以上のニセコ町民は無料

The second stage of the exhibition introducing accession for 2012 including precious autograph manuscript of Takeo Arihima is running through to March 31st at the ARISHIMA TAKEO Memorial Museum.

Contact/ARISHIMA TAKEO Memorial Museum(Fuchino・Ito) 0136-44-3245

ARISHIMA TAKEO Memorial Museum

 TEL (0136)44-3245 FAX (0136)55-8484

○Open hours / from 9am to 5pm (Entrance is open till 4.30pm)

○Holiday / Every Monday and year-end and new-year. *Open every day from May to September.
   (When a Monday falls on a national holiday, the Museum opens. Then the Museum closes on the following Tuesday)

○Admission / Adult 500 yen (*group rate more than 20 people:400 yen ) Junior high school student 100yen
         ※Kids under 6yrs and senior residents (+68) are free.

リトグラフ、絵、オブジェ展示会

ヨーロッパを拠点に活動するオーストリア出身のアーティスト、レインハード アートバーグさんのアート展示会をニセコ町民センターの2階で開催します。
 
日時:2013年2月17日(日)~3月3日(日) 9:00~22:00(休日なし)
場所:ニセコ町民センター 2階ロビー
入場料:無料
主催:ニセコ町国際交流推進協議会
 

オープニングイベント ~ミート・ジ・アーティスト~

ラインハード・アートバーグ氏とお茶をしながらアートを観賞しませんか。直接お話が聞ける貴重な時間です。(※通訳あり)
日時:2013年2月17日(日)
14:00 ~16:00
場所:ニセコ町民センター 2階ロビー
参加費:無料
※どなたでもご参加できます。この時間内にご自由にご来場ください。(参加費:無料)
 
プロフィール
Reinhard Artberg (ラインハード・アートバーグ)

www.artberg.de

 
 詳しくはこちらのフライヤーをご覧下さい。
 
お問い合わせ:
ニセコ町国際交流推進協議会事務局(ニセコ町役場内)
TEL 0136(44)2121 (エヴァ・ハスラウアー)

Austrian-born artist Reinhard Artberg, who lives and works in various locations in Europe, New Zealand and Japan, will present his latest exhibition “Out of Paris” in Niseko!
 
When: Feb 17 2012 (Sun) – Mar 3 (Sun) 2013
Where: Niseko Chomin Center, 2nd Floor Lobby
Entry: Free
Supported by: Niseko International Exchange Council
 
 Austrian-born artist Reinhard Artberg, who lives and works in various locations in Europe, New Zealand and Japan, will present his latest exhibition “Out of Paris” in Niseko!
 
When: Feb 17 2012 (Sun) – Mar 3 (Sun) 2013
Where: Niseko Chomin Center, 2nd Floor Lobby
Entry: Free
Supported by: Niseko International Exchange Council
 
 
Meet the Artist!

Would you like to discuss his art directly with Reinhard over a cup of tea or coffee? You’ll get the chance in an exclusive preview event! (Translation provided)
When: Sun, Feb 17, 2012 14:00 – 16:00
Where: Niseko Chomin Center, 2nd floor lobby
Entry: free
*Everyone is free to attend. Please enter at any time within the stated time period.
 
Profile: Reinhard Artberg

www.artberg.de
 
 Please see the flyer for details (in English)
 
Contact
Niseko Town International Exchange Council (Niseko Town Councill Chambers)
TEL 0136(44)2121 (Eva Haslauer)

おかげさまで、ニセコクラシックコンサート全日程を終了しました。
期間中、コンサート会場に来てくださった方は、約230名でした。
リピーターも多くて、ニセコにHPACカルテットファンが生まれたことは間違いありません。
本当にすてきなメンバーでした。

5分バージョンの動画をアップしましたので、ご覧ください。
本イベントには、地域のみなさんから大きなご支援とあたたかい歓迎をいただきました。
実行委員会を代表して、こころからお礼を申し上げます。

ありがとうございました。

HPACカルテット ニセコ・クラシックコンサート実行委員会
実行委員長 葛西奈津子

The Niseko Classical Concert by HPAC quartet report was held successfully from 2 through 4 February.
Melkorka, Andrea, Soojin,and Rebecca, the members of the quartet have now received a great number of big fans in Niseko with their charming performance and their smile.The powerful performances drew repeated attendance of some audiences; a total of 230 people attended the Niseko Classical Concerts.

Here is a comment from the questionnaires;

“I love the way it is for Japanese and people from other countries. It brings people together- a very happy event. Please come back again next year!”

This event was operated by the Executive Committee and could not be successful without the support of its sponsors, volunteer staff, and Town of Niseko.
Thank you to everyone for your endless support!

We sincerely hope that this kind of friendly artist-in-residence program will keep growing as another keystone cultural event of Niseko in the future and appreciate everyone’s continued support.

By HPAC quartet Niseko Classical Concert Executive Committee
Natsuko Kasai

 ♪Please enjoy the 5 minutes’ vido clip from the 1st night, and the photo album from their stay.


1月12日~14日の3日間に渡り、エリア内各所で開催された「第4回 ニセコ冬の音楽祭」が、大盛況のうちに幕を閉じました。
斬新なアイディアと演奏スタイルを追い求める、オーストラリア室内管弦楽団(ACO)の芸術監督リチャード・トネッティ氏と楽団の演奏者たちにより、本年の公演も昨年同様、3日間異なるプログラムが組まれ、楽団のユニークかつワールドクラスのパフォーマンスを見ようと、全日程来場されるお客さまも多数いらっしゃるほどでした。
 昨年に続き、日本を代表する若手クラシックギター奏者の大萩康司さんが全公演を通してゲストとして出演された他、いまオーストラリアで最も人気ある音楽奏者の一人であるジョゼフ・タワドロス氏によるエジプトの伝統楽器ウードの演奏もあり、大いに観客を魅了しました。
今回の音楽祭は、これまで以上に多くの外国人観光客が来場されていたことが印象的でした。各会場の入場者数の速報は次の通りです。
 1月12日(土) HANAZONO308 150人
 1月13日(日) グランヒラフ マウンテンセンター 200人
 1月14日(月) ヒルトンニセコビレッジ 250人  
のべ600人は過去最高記録となりました。
今回、演奏をしてくださったACOのメンバー、スタッフ、および大萩康司さんは、ニセコでの滞在を大変楽しまれたごようすで、口々に「来年もまた来たい」と言ってそれぞれの帰途に着かれました。また、オーケストラの芸術監督およびスタッフからは、これまでで最も完成度の高いコンサートができたと喜びの言葉を得ることができました。
本音楽祭は、今回はじめて実行委員会による企画・運営で行われました。地元のご協賛者様をはじめとし、ボランティアスタッフの皆様等、多くの方々からのご支援とご協力により、無事成功を収めることができました。この場をお借りして、イベント開催に当たりお力添えくださいました皆様に、心より御礼申し上げます。「ニセコ冬の音楽祭」が、エリアを代表する冬の文化イベントとして、末長く開催を続けて行けますよう、引き続き地元住民・関係者の皆様からのご支援とご協力を、よろしくお願い致します。
第4回ニセコ冬の音楽祭 実行委員会一同

The fourth annual Niseko Winter Festival was held successfully once more from 12 through 14 January.
Richard Tognetti, unconventional artistic director of the Australian Chamber Orchestra, along with his principal musicians, showcased unique programs each night at venues across the Niseko area. The varied performances and selections drew record audiences; 12 January,Sat HANAZONO308 150
13 January,Sun Grand Hirafu Mountain Center 200
14 January,Mon Hilton Niseko Village 250  

a total of 600 people attended the winter music series. Many fans were present on all three days.

Special performances by Yasuji Ohagi, one of Japan’s leading classical guitarists collaborated with the ACO throughout the event, and Joseph Tawadros, who is one of the most popular and powerful musicians in Australia fascinated the audiences with his playing the exotic Egypt instrument, oud.

This year, the number of international visitors saw a distinct increase. The musicians and the ACO staff seemed to enjoy themselves staying in Niseko, too. It is apparent that this unique event has certainly been gaining both local and global recognition.
This event was operated by the Executive Committee for the first time and could not be successful without the support of its sponsors, volunteer staff, and other local business partners. Thank you to everyone for your endless support!
We sincerely hope that the Niseko Winter Music Festival will keep growing as a keystone cultural event of Niseko’s winter in the future and appreciate everyone’s continued support.
By Niseko Winter Music Festival Executive Committee

「題名のない音楽会」の司会でもよく知られる指揮者佐渡裕さんが「本当に作りたかった未来形のオーケストラ」を目指して結成した兵庫県立芸術文化センタ(HPAC)オーケストラから4名の女性演奏家が北の大地に憧れてやってきます。

彼女たちはいずれも世界各地のオーディションで選ばれた新進気鋭のアーティスト。インターナショナルでフレッシュなオーケストラの一員として活動する彼女たちの奏でる音楽は、きっとニセコに温かい愛をいっぱい届けてくれることでしょう。

2013年2月2日(土) 開演21:00 (約40分)
場所:ナチュラルリゾートワイスホテル
※どなたでもご自由に鑑賞いただけます。

2013年2月3日(日) 開演15:00 (約90分)
場所:有島記念館
入場無料(常設展・企画展への入場は、観覧料が必要です)

2013年2月3日(日 開演19:30(約90分)
場所:ナチュラルリゾートニセコワイスホテル
※どなたでもご自由に鑑賞いただけます。

2013年2月4日(日) 開演19:00(約40分)
場所:ノーザンリゾートアンヌプリ “エクラ”
※”エクラ”でお食事をされるお客様が対象です。

出演者:
チャン・スージン(ヴァイオリン)
レベッカ・マタヨシ(チェロ)
アンドレア・クレサーテル(ビオラ)
メルコルカ・オラフスドッティア(フルート)
(HPAC 兵庫県立芸術文化センター管弦楽団所属「In a rare appearance in the northern prefecture of Hokkaido, four musicians from Sado-san’s Hyogo Performing Arts Center Orchestra revisiting Niseko and presenting a diverse chamber music concert. Selected through competitive international auditions to play in this unique orchestra, Soojin Chang(Violin), Rebecca Matayoshi(viola), Andrea Kleesattel(cello), and Melkorka Olafsdottir(flute) will step out of their roles as orchestral musicians to play member will find something to love.

2nd. Feb.2013(sat) 21:00〜21:40  at Niseko Weiss Hotel
-short performance of folk and popular classical songs.

3rd Feb 2013(sun) 15:00〜16:30 at Arishima Takeo Memorial Museum
-Mozart Quartet for Flute, Violin, Viola, Cello, and more.

19:30〜21:00 at Niseko Weiss Hotel
-Mozart Quartet for Flute, Violin, Viola, Cello, and more.

4th Feb 2013(mon) 19:00〜19:40 at Niseko Northern Resort An’nupuri “ECLAT”
-short performance of folk and popular classical songs.

ニセコで開催される芸術系イベントについて紹介するサイトです。よろしくお願いします。We’ve just launched nisekoarts.com.
We’re going to post the art event information in Niseko area.

aco20130112 (1) aco20130112 (3) aco20130113 (3) aco20130113 (4) aco20130114 (1) aco20130114 (3)

1月12日~14日の3日間に渡り、エリア内各所で開催された「第4回 ニセコ冬の音楽祭」が、大盛況のうちに幕を閉じました。
斬新なアイディアと演奏スタイルを追い求める、オーストラリア室内管弦楽団(ACO)の芸術監督リチャード・トネッティ氏と楽団の主要演奏者たちにより、本年の公演も昨年同様、3日間異なる
プログラムが組まれ、楽団のユニークかつワールドクラスのパフォーマンスを見ようと、全日程来場されるお客さまも多数いらっしゃるほどでした。

昨年に続き、日本を代表する若手クラシックギター奏者の大萩康司さんが全公演を通してゲストとして出演された他、いまオーストラリアで最も人気ある音楽奏者の一人であるジョゼフ・タワドロス氏によるエジプトの伝統楽器ウードの演奏もあり、大いに観客を魅了しました。
今回の音楽祭は、これまで以上に多くの外国人観光客が来場されていた
ことが印象的でした。各会場の入場者数の速報は次の通りです。

    1月12日(土) HANAZONO308 150人
    1月13日(日) グラン・ヒラフ マウンテンセンター 200人
    1月14日(月) ヒルトンニセコビレッジ 250人

延べ600人は過去最高記録となりました。
本音楽祭は、今回はじめて実行委員会による企画・運営で行われました。
地元のご協賛者様をはじめとし、ボランティアスタッフの皆様等、多くの方々からのご支援とご協力により、無事成功を収めることができました。
この場をお借りして、イベント開催に当たりお力添えくださいました皆様に、心より御礼申し上げます。
今回、演奏をしてくださったACOのメンバー、スタッフ、および大萩康司さんは、ニセコでの滞在を大変楽しまれたごようすで、口々に「来年もまた来たい」と言ってそれぞれの帰途に着かれました。
「ニセコ冬の音楽祭」が、エリアを代表する冬の文化イベントとして、末長く開催を続けて行けますよう、引き続き地元住民・関係者の皆様からのご理解とご協力を、何卒よろしくお願い致します。

※本イベントに関する事前のプレスリリースはNWMF2013プレスリリースからご覧ください。

The fourth annual Niseko Winter Festival was held successfully last weekend, from 12 to 14 January.
Richard Tognetti, innovative artistic director of the Australian Chamber Orchestra, along with his principal musicians, showcased a unique program each night at venues across the Niseko area. The varied performances and selections drew record audiences;

    12 January (Sat.) HANAZONO308 150
    13 January (Sun.) Grand Hirafu Mountain Center 200
    14 January (Mon.) Hilton Niseko Village 250

600 people attended the winter music series. Many fans were present on all three days.
In special performances during the event, Yasuji Ohagi, one of Japan’s leading classical guitarists, collaborated with the ACO.
Joseph Tawadros, one of the most popular musicians in Australia, fascinated the audiences with his playing on the exotic Egyptian oud.
This year, the number of international visitors saw a distinct increase.
The musicians and the ACO staff seemed to enjoy their stays in Niseko. It is apparent that this unique event has been gaining both local and international recognition. This was the first time for this executive committee to plan and organize the event, and it would not have been successful if not for the support of the sponsors, the volunteer staff and other local business partners. Thanks to everyone for your continuous support! We sincerely hope that the Niseko Winter Music Festival will keep growing as a keystone cultural event of Niseko’s winter, and we appreciate everyone’s continued support.By The Excutive Committee for the Niseko Winter Music Festival.

For more information, please refer to NisekoRelease.pdf.