April2016_3 Click!(クリックすると大きくなります)

小川原脩記念美術館からお知らせです。4月は毎週土曜日イベントがあります。大好評の柴館長による土曜サロン、そしてクレイ・ペインティングのワークショップもありますよ。
展示室では、「くっちゃんアート2016」を開催中(4月17日まで)。4月23日からは「嶋貫由紀子展 Flower Kings 花の王さま」となります。お楽しみに!

—————————

【イベント日時・場所】

  • 4月16日(土)14:00~15:00 土曜サロン 小川原脩とシュルレアリスム [1] Syu OGAWARA and Surrealisme
  • シュルレアリスム(超現実主義)へ向かって Toward Surrealism
     東京美術学校(現東京藝術大学)とそれに続く東京時代、若い小川原脩の心を熱くとらえたのは、フランスに端を発するシュルレアリスムの美術でした。
     1920年代、爆発的な勢いで世界に広がったこの新しい動きは、どのようにして生まれたのか。今回のサロンでは、19世紀後半の印象派以降から20世初頭にいたる、その背景をたどってみましょう。
      お話し: 柴 勤 (しば つとむ) さん (小川原脩記念美術館 館長)
    April2016_2Click!(クリックすると大きくなります)

    ※小川原脩記念美術館映像ルームにて。土曜サロンは入場無料ですが、よろしければぜひ開催中の展示もご覧ください(要観覧料)。

  • 4月 23日(土)11:00~11:30 「嶋貫由紀子展」アーティスト・トーク
  •  嶋貫由紀子さん自作を語る Talk by Yukiko SHIMANUKI
    世界各地で多彩な作品を制作している嶋貫さん。そのテーマや背景、魅力について語っていただきます。

    ※展示室にて。観覧料が必要です。

  • 4月 30日(土) 14:00~16:30 ワークショップ ”クレイ・ペインティングに挑戦 !” Workshop for Clay Painting
  •   土(クレイ)と卵を混ぜ合わせた絵具を作り、嶋貫作品のように描いてみよう。

     ※美術館・風土館にて。観覧料が必要です。

2016.4月の予定(ちらしpdf)

土曜サロン「小川原脩とシュルレアリスム」(ちらしpdf)

小川原脩記念美術館
倶知安町北6条東7丁目1(〒044-0006)
TEL:0136-21-4141 FAX:0136-21-4142

Shu Ogawara Museum of Art
Kita6,Higashi7,Kuchan,Hokkaido,JAPAN
tel:+81-136-21-4141 fax:+81-136-21-4142

April2016

無題

小川原脩記念美術館の土曜サロン、1月の第1回目はシャガールのお話しです。

土曜サロンは入場無料ですが、よろしければぜひ開催中の展示もご覧ください(要観覧料)。

—————————

【日時・場所】

1月 16日(土)14時~15時 「エコール・ド・パリ物語5 愛と夢と幻想の画家 シャガール」

 小川原脩記念美術館映像ルームにて。参加は無料です。
  ※常設展・企画展の観覧には入場料が必要です。

1月 30日(土)14時~15時45分 ミュージアム・シネマ「ミッドナイト・イン・パリ」

小川原脩記念美術館映像ルームにて。参加は無料です。
  ※常設展・企画展の観覧には入場料が必要です。

ちらしダウンロード(pdf)

【土曜サロン講師】
柴  勤 (しば つとむ) さん
小川原脩記念美術館 館長

小川原脩記念美術館
倶知安町北6条東7丁目1(〒044-0006)
TEL:0136-21-4141 FAX:0136-21-4142

Shu Ogawara Museum of Art
Kita6,Higashi7,Kuchan,Hokkaido,JAPAN
tel:+81-136-21-4141 fax:+81-136-21-4142

954893_885736438212312_684186489091300010_n

小川原脩記念美術館の毎年恒例、新春イベントです。申し込み不要、第2展示室とロビーで開催、出入り自由ですが、入館料が必要です。

開催日:2016年1月9日(土) 10:00~15:00

場所:小川原脩記念美術館 

詳しくはフライヤーをご覧ください。

小川原脩のまなざし<顔>ワークショップポスター

January2016
小川原脩記念美術館の土曜サロン、1月はシャガールのお話しとミュージアムシネマの2回です。
また新年ならではの福笑いワークショップもどうぞ。

土曜サロンは入場無料ですが、よろしければぜひ開催中の展示もご覧ください(要観覧料)。

—————————

【日時・場所】
1月 9日(土)10時~15時 ワークショップ「びじゅつかんで福笑い!」
 小川原脩記念美術館第2展示室・ロビーにて。要観覧料。

1月 16日(土)14時~15時 「エコール・ド・パリ物語5 愛と夢と幻想の画家 シャガール」

 小川原脩記念美術館映像ルームにて。参加は無料です。
  ※常設展・企画展の観覧には入場料が必要です。

1月 30日(土)14時~15時45分 ミュージアム・シネマ「ミッドナイト・イン・パリ」

小川原脩記念美術館映像ルームにて。参加は無料です。
  ※常設展・企画展の観覧には入場料が必要です。

ちらしダウンロード(pdf)

【土曜サロン講師】
柴  勤 (しば つとむ) さん
小川原脩記念美術館 館長

小川原脩記念美術館
倶知安町北6条東7丁目1(〒044-0006)
TEL:0136-21-4141 FAX:0136-21-4142

Shu Ogawara Museum of Art
Kita6,Higashi7,Kuchan,Hokkaido,JAPAN
tel:+81-136-21-4141 fax:+81-136-21-4142

5

2015年12月1日、ニセコ・グランヒラフスキー場へのメインストリート、「ひらふ坂」に、【Gallery かたち】がオープンしました。

地元7人の作家によるギャラリーで、作家さん自ら店頭に立って販売されているそうです。

場所   居酒屋BANBANさんの店頭、旧ウッドデッキスペース
営業日時 2016年3月末まで無休 11時から19時まで

期間限定ギャラリーですので、今シーズン、ニセコにスキーにおいでの際はぜひお立ち寄り下さい。

1234

December_Ogawara

小川原脩記念美術館の土曜サロン、12月は満を持してしての藤田嗣治登場です。
クリスマスkidsコンサートもありますよ!
竹岡 羊子 展 The Carnival ! は12月13日まで。お見逃しなく。
—————————

【日時・場所】
12月 19日(土)14時~15時 「エコール・ド・パリ物語4 素晴らしき乳白色の肌! 藤田嗣治」

小川原脩記念美術館映像ルームにて。参加は無料です。
  ※常設展・企画展の観覧には入場料が必要です。

ちらしダウンロード(pdf)

【講師】
柴  勤 (しば つとむ) さん
小川原脩記念美術館 館長

小川原脩記念美術館
倶知安町北6条東7丁目1(〒044-0006)
TEL:0136-21-4141 FAX:0136-21-4142

Shu Ogawara Museum of Art
Kita6,Higashi7,Kuchan,Hokkaido,JAPAN
tel:+81-136-21-4141 fax:+81-136-21-4142

paskin

小川原脩記念美術館の土曜サロン、11月の2回目は今週末の開催です。
クローズアップするのは、モンマルトルのダンディズム、パスキンで、案内してくださるのはいつものように柴館長です。
柴館長は、北海道立近代美術館に在職中、パスキンをご専門とされていました。
ダンディズム、そして自由人とは。パスキンの生き方と作品を存分に語っていただきます。

————————-
1885年、ブルガリア生まれのパスキンは、19歳の時にドイツで挿絵画家としてプロデビュー、翌1905年からはパリを拠点に活動した。第一次大戦中はアメリカに戦火を逃れるが、戦後は活気あふれるパリに舞い戻る。
それからの10年間、黒いスーツと白いマフラーに身を固めたパスキンは、文字通り花形スターであった。アンニュイな女性像や愛らしい少女たち、宗教に題材を得た風俗画、素朴な風景画。その絶頂期、45年間の人生に自ら幕を下ろした。
—————————

【日時・場所】
11月 28日(土)14時~15時 「エコール・ド・パリ物語3 モンマルトルのダンディズム、自由人パスキン 」

小川原脩記念美術館映像ルームにて。参加は無料です。
  ※常設展・企画展の観覧には入場料が必要です。

案内チラシ(pdf)

【講師】
柴  勤 (しば つとむ) さん
小川原脩記念美術館 館長

小川原脩記念美術館(ご利用案内)
倶知安町北6条東7丁目1(〒044-0006)
TEL:0136-21-4141 FAX:0136-21-4142

Shu Ogawara Museum of Art
Kita6,Higashi7,Kuchan,Hokkaido,JAPAN
tel:+81-136-21-4141 fax:+81-136-21-4142
     

flyer_
「北ぐにの草花と私」講演会・「透明水彩で花を描こう」美術講座・「植物 産業遺産」見学会・「草木染」体験など。

詳しくはフライヤーをご覧ください。

IMG22

Petit-Train

小川原脩記念美術館の土曜サロン、6月は柴館長による「アートな観光案内」です。

【日時・場所】
6月 27日(土)14時~15時 「アートな観光案内 モンマルトルのプチ・トラン」

小川原脩記念美術館映像ルームにて。参加は無料です。
  ※常設展・企画展の観覧には入場料が必要です。

【講師】
柴  勤 (しば つとむ) さん
小川原脩記念美術館 館長

小川原脩記念美術館(ご利用案内
倶知安町北6条東7丁目1(〒044-0006)
TEL:0136-21-4141 FAX:0136-21-4142

Shu Ogawara Museum of Art
Kita6,Higashi7,Kuchan,Hokkaido,JAPAN
tel:+81-136-21-4141 fax:+81-136-21-4142
     

3月
3
0

くっちゃんART 2015

kutchan-art2015

倶知安町と羊蹄山麓に住む芸術家、そしてそれぞれの芸術家たちと繋がりを持つ海外の芸術家が、多様な表現による多彩な作品を持ち寄って、地方ならではの個性ある芸術文化を紹介します。
“KUTCHAN ART 2015” showcases varied works of art not only by local artists from Kutchan town and the Yoeti submontane area but also unique works by artists from overseas.

【開催期間】2015年2月21日(土)~3月22日(日) フライヤー(pdf)
[Exhibition period] 21 February – 22 March 2015

【出品作家】
荒野洋子 ARANO, Yoko      (書)
上田 茂 UEDA, Shigeru     (水彩画)
坂井和子 SAKAI, Kazuko     (油彩画)
嶋貫由紀子 SHIMANUKI, Yukiko (テンペラ画)
高橋篁仙 TAKAHASHI, Kosen   (日本画)
武田志麻 TAKADA, Shima    (版画)
徳丸 晋 TOKUMARU, Shin    (写真)
徳丸 滋 TOKUMARU, Shigeru  (アクリル)
西村勝廣 NISHIMURA, Katsuhiro  (日本画)
林 幸子 HAYASHI, Sachiko   (陶)
林 雅治 HAYASHI, Masaharu  (陶)
府川 誠 FUKAWA, Makoto    (版画)
福田好孝 FUKUDA, Yoshitaka   (油彩画)
本庄隆志 HONJYO, Takashi    (アクリル画)
本庄優子 HONJYO, Yuko     (水彩画)
宮村 勉 MIYAMURA, Tsutomu  (油彩画)
山田則意 YAMADA, Norioki    (油彩画)
アンジェラ・サーボ Angela Szabo (アクリル画)
ヘザー・マッカルマン Heather McCalman(油彩画)
イアン・J・マシィー Ian J. Massie(油彩画)
マーゴ・バトリー Margo Bartley (水彩画)
レインハード・アートバーグ Reinhard Artbreg(版画)

【お問い合わせ先】
小川原脩記念美術館 (ご利用案内
 電話番号:0136-21-4141  FAX:0136-21-4142
[Place & contact] Shu Ogawara Museum of Art(1, Kita 6 Higashi 7, Kutchan; TEL:0136-21-4141)

【常設展】
小川原 脩  自伝風な展覧会-私の歩いてきた道-

開催期間:2014年11月29日(土) ~ 2015年4月20日(月)