DALIClick!(2回クリックすると大きくなります)

小川原脩記念美術館からお知らせです。
4月14日は柴館長のお話と映像によるアート・シネマ館で、ダリのドキュメンタリーを上映します。
本人に加えブニュエルやヒッチコックも登場します。

◆アート・シネマ館
「ドキュメンタリー”サルヴァドール・ダリ” SALVADOR DALI 」1987年/75分/イギリス(字幕)
出演/サルヴァドール・ダリ、アルフレッド・ヒッチコック、ルイス・ブリュエルほか

スペインが生み出した20世紀最大の芸術家サルヴァドール・ダリ。絵画、彫刻、随筆、ファッション、映画という多岐にわたる作品の数々を振り返りながら、その個性あふれる人物像と生涯に迫るドキュメンタリー映画。 シュルレアリスム映画の代表作「アンダルシアの犬」を共同制作したブニュエルやダリ美術館の創設に貢献したモース夫妻、幻想的な夢のシーンの演出をダリに依頼したサスペンス映画の巨匠ヒッチコックなども登場。このアーティストの奇抜な側面と、その作品の背景に隠された哲学を紐解いていきます。

  • 日時:4月14日 土曜日 14:00~15:20
  • お話し:柴 勤(当館館長)
  • 会場:当館映像ルーム 聴講無料

展示もどうぞご覧ください(要観覧料)
常設展
小川原 脩展 アジアの街角で
会期:12月2日 土曜日~2018年4月15日 日曜日
小川原脩は、70歳を目の前に訪れた中国を皮切りに、チベット、インドを6年間に渡り計6回訪ね歩きました。悠久の時の流れの中で、自然と人間、動物たちが温かく交歓する世界をお楽しみください。

【今後の展示】
小川原 脩展 遥かなるイマージュ1
 「遥かなるイマージュ」は 1988 年に開催された回顧展(道立近代美術館)の副題で、小川原脩の長年の創作姿勢を表しており、本展では 小川原作品の全年代をご覧いただきます。
 また、前年度修復作品「植物園」(1937 年)を公開予定です。

会期:4月28日(土)~8月26日(日)

企画展
くっちゃんART 2018
 今年で 10 回目を迎える「くっちゃん ART」は、倶知安町はもとよりニセコ・羊蹄山麓周辺で芸術活動に身を置く作家、さらにはそれらの作家と交流のある海外在住の作家が多様な表現による多彩な作品を持ち寄り、さらなる交流を深める、この地域ならではの国際性を反映したユニークな展覧会です。小さな美術館で、多くの作家が集う、賑やかな展覧会を開催します。
国内外の19名の作家による油彩や水彩画、日本画、版画、陶芸、写真、書など、多彩なジャンルの作品が春の展示室を華やかに彩ります。
会期:2月10日 土曜日から4月15日 日曜日

【今後の展示】
武内コレクション・プラス展「小さな犬の作品たち」
 道内外の著名な作家作品が多く含まれる故・武内一男氏寄贈の「武 内コレクション」、その多彩な作品をご覧ください。
 あわせて、小川原脩の愛らしい小品「犬・4」を中心に「ちいさな犬たち」の作品を ご紹介します。

会期:4月28日(土)~7月8日(日)

小川原脩記念美術館
倶知安町北6条東7丁目1(〒044-0006)
TEL:0136-21-4141 FAX:0136-21-4142

Shu Ogawara Museum of Art
Kita6,Higashi7,Kuchan,Hokkaido,JAPAN
tel:+81-136-21-4141 fax:+81-136-21-4142

stealClick!(2回クリックすると大きくなります)

小川原脩記念美術館からお知らせです。
3月31日は柴館長のお話と映像によるアート・シネマ館です。ファッショナブルなヘプバーンが見せる華麗な愛と盗みのテクニックが見所、「おしゃれ泥棒 How to steal a million 」を鑑賞します。
美術コレクターのボネ、実はすご腕の贋作(がんさく)作家。一人娘の二コルは、父親がいつか捕まるのではないかと気が気でない。そこへ、ボネを不審に思った美術商から調査を依頼された探偵デルモットが現れる。二コルにあっさり見つかったデルモットは、二人で美術館に出品された贋作のヴィーナス像を盗み出すことになる・・・ 世界の女性が憧れたジパンシー・ファッションに身を包んだヘプバーンが、スタイリッシュなパリの街を舞台に見せる盗みと愛のテクニックとは・・・

◆アート・シネマ館
「おしゃれ泥棒 How to steal a million 」1996年/アメリカ/123分
主演:オ-ドリー・ヘプバーン

  • 日時:3月31日 土曜日 14:00~16:10
  • お話し:柴 勤(当館館長)
  • 会場:当館映像ルーム 聴講無料

展示もどうぞご覧ください(要観覧料)

常設展
小川原 脩展 アジアの街角で
会期:12月2日 土曜日~2018年4月15日 日曜日
小川原脩は、70歳を目の前に訪れた中国を皮切りに、チベット、インドを6年間に渡り計6回訪ね歩きました。悠久の時の流れの中で、自然と人間、動物たちが温かく交歓する世界をお楽しみください。
企画展
くっちゃんART 2018
 今年で 10 回目を迎える「くっちゃん ART」は、倶知安町はもとよりニセコ・羊蹄山麓周辺で芸術活動に身を置く作家、さらにはそれらの作家と交流のある海外在住の作家が多様な表現による多彩な作品を持ち寄り、さらなる交流を深める、この地域ならではの国際性を反映したユニークな展覧会です。小さな美術館で、多くの作家が集う、賑やかな展覧会を開催します。
国内外の19名の作家による油彩や水彩画、日本画、版画、陶芸、写真、書など、多彩なジャンルの作品が春の展示室を華やかに彩ります。
会期:2月10日 土曜日から4月15日 日曜日

小川原脩記念美術館
倶知安町北6条東7丁目1(〒044-0006)
TEL:0136-21-4141 FAX:0136-21-4142

Shu Ogawara Museum of Art
Kita6,Higashi7,Kuchan,Hokkaido,JAPAN
tel:+81-136-21-4141 fax:+81-136-21-4142

20180415_kutchan_flyer1-thumb-300xauto-1103

  • 日時 2018年4月15日 14:30~
  • 会場 倶知安町文化福祉センター
  • 指揮 渡邊 一正
  • 曲目 
      モーツァルト  歌劇「フィガロの結婚」序曲
      シューベルト  交響曲第7番「未完成」
      ベートーヴェン 交響曲第5番「運命」
  •    

  • チケット 全席自由:大人3,000円(当日3,500円) 高校生以下1,000円(当日も同じ)
    ※未就学児入場不可
    •          
      ■チケット取扱い
      【倶知安町内】小林道新販売所、エムポケット、木村保険サービス、ナンコウホテル
      【後志管内】蘭越町PIAかねこ、ローソン京極店、ローソンルスツ店
      【全国】ローソンチケット Lコード 16800

      主催 札響倶知安公演実行委員会、北海道新聞社、札幌交響楽団
      後援:倶知安町、倶知安町教育委員会、倶知安ライオンズクラブ、倶知安ロータリークラブ
      お問い合せ先 羊蹄を楽しみ隊:石本(090-7658-7836)、木村(090-1522-0476)
      札幌交響楽団:011-520-1771

Caravaggio(ダブルクリックしてください。大きくなります)

小川原脩記念美術館からお知らせです。
3月3日は柴館長のお話と映像によるアート・シネマ館です。異端の画家の艶やかな人生を異才デレク・ジャーマンが演じる「カラヴァッジオ」を鑑賞します。

◆アートシネマ館

「カラヴァッジオ」 1986年/93分/イギリス 監督/デレク・ジャーマンキャスト/ティルダ・スウィントン、ショーン・ビーン
イタリアの画家カラヴァッジオは、徹底した自然主義と劇的な明暗効果により、レンブラントやベラスケスなどバロック絵画全般に大きな影響を与えました。一方、その激しい性格や奔放な振る舞いにより生涯争いが絶えず、異端の画家とも呼ばれています。 バロック時代なのか現代なのか。不可思議な混然とした舞台背景の中で、艶やかに甦るカラヴァッジオの精神と作品。英国が誇る異才の映画監督デレク・ジャーマンがその真骨頂を見せるアート映画の傑作です。

  • 日時:3月3日 土曜日 14:00~15:40
  • お話し:柴 勤(当館館長)
  • 会場:当館映像ルーム 聴講無料

展示もどうぞご覧ください(要観覧料)

常設展
小川原 脩展 アジアの街角で
会期:12月2日 土曜日~2018年4月15日 日曜日

企画展
くっちゃんART 2018
 今年で 10 回目を迎える「くっちゃん ART」は、倶知安町はもとよりニセコ・羊蹄山麓周辺で芸術活動に身を置く作家、さらにはそれら の作家と交流のある海外在住の作家が多様な表現による多彩な作品を持ち寄り、さらなる交流を深める、この地域ならではの国際性を反映 したユニークな展覧会です。小さな美術館で、多くの作家が集う、賑やかな展覧会を開催します。
会期:2月10日 土曜日から4月15日 日曜日

小川原脩記念美術館
倶知安町北6条東7丁目1(〒044-0006)
TEL:0136-21-4141 FAX:0136-21-4142

Shu Ogawara Museum of Art
Kita6,Higashi7,Kuchan,Hokkaido,JAPAN
tel:+81-136-21-4141 fax:+81-136-21-4142

frida(ダブルクリックしてください。大きくなります)

小川原脩記念美術館からお知らせです。
2月17日は柴館長のお話と映像によるアート・シネマ館です。2003年のアカデミー賞2部門、ゴールデン・グローブ賞、イギリス・アカデミー賞など多くの賞を受賞した「フリーダ」を鑑賞します。

◆アートシネマ館

「フリーダ」 2003年/123分/アメリカ・カナダ・メキシコ(字幕)
大事故の後遺症に苦しみながらも、絵を描くことに生きる希望を見出したフリーダ・カーロ。過酷な運命に翻弄されながら、愛と芸術に生きた47年間の壮絶な生涯が鮮やかに甦ります。

  • 日時:2月17日 土曜日 14時から16時10分
  • お話し:柴 勤(当館館長)
  • 会場:当館映像ルーム 聴講無料

展示もどうぞご覧ください(要観覧料)

常設展
小川原 脩展 アジアの街角で
会期:12月2日 土曜日~2018年4月15日 日曜日

企画展
くっちゃんART 2018
 今年で 10 回目を迎える「くっちゃん ART」は、倶知安町はもとよりニセコ・羊蹄山麓周辺で芸術活動に身を置く作家、さらにはそれら の作家と交流のある海外在住の作家が多様な表現による多彩な作品を持ち寄り、さらなる交流を深める、この地域ならではの国際性を反映 したユニークな展覧会です。小さな美術館で、多くの作家が集う、賑やかな展覧会を開催します。
会期:2月10日 土曜日から4月15日 日曜日

小川原脩記念美術館
倶知安町北6条東7丁目1(〒044-0006)
TEL:0136-21-4141 FAX:0136-21-4142

Shu Ogawara Museum of Art
Kita6,Higashi7,Kuchan,Hokkaido,JAPAN
tel:+81-136-21-4141 fax:+81-136-21-4142

ML(2回クリックすると大きくなります)

小川原脩記念美術館からおしらせです。今週土曜日は、土曜サロン「アート探訪」〈みて☆きいて〉11「私は贅沢が好き!マリー・ローランサン」です。パステルカラーに黒い瞳、優雅な色調の女性像を描き続けたマリー・ローランサン。今月は女性アーティストに注目します。

◆土曜サロン アート探訪〈みて☆きいて〉11
「私は贅沢が好き!マリー・ローランサン」

若い頃のローランサンは、ピカソなど当時の前衛的なグループのアイドル的存在。 そのパステルカラーに彩られた夢見るような少女像は、時代や国境を越えて、世界中で愛され続けています。 パリの下町に生まれ、貧しい環境の中で育った彼女が目指した「贅沢」とは何であったのでしょう。
・日時:2月3日 土曜日 14時から15時
・お話し:柴 勤(当館館長)
・会場:当館映像ルーム 聴講無料

現在の企画展は今週末で終了します。ぜひご覧ください(要観覧料)。

常設展
小川原 脩展 アジアの街角で
会期:12月2日 土曜日~2018年4月15日 日曜日

企画展
徳丸 晋 写真展 ーminamoー
会期:12月2日 土曜日~2018年2月4日 日曜日

―2月のイベント情報―​

◆アーティスト・トーク
「くっちゃんART 2018(1)」
「くっちゃんART」も今回で10回目を迎えます。出品作家それぞれの方に、ご自分の作品について、背景や技法、そこに込められた思いなどを様ざまな角度からお話ししていただきます。
講師: 「くっちゃんアート]出品作家の皆さん
日時: 2月10日 土曜日 10時30分から12時
会場: 第2展示室(無料)

◆アート・パフォーマンス
「筆が舞う」
「くっちゃんART」の出品者である書家の荒野洋子さんによる公開制作。そのダイナミックな筆の運び、筆づかい、そして一瞬の動きに込められた書家の気迫を目の前で感じ取ってください。
日時:2月10日 土曜日 14時から14時30分
会場:当館ロビー(無料)

◆アート・シネマ館
「フリーダ」2003年/123分/アメリカ・カナダ・メキシコ(字幕)
大事故の後遺症に苦しみながらも、絵を描くことに生きる希望を見出したフリーダ・カーロ。過酷な運命に翻弄されながら、愛と芸術に生きた47年間の壮絶な生涯が鮮やかに甦ります。
日時:2月17日 土曜日 14時から16時10分
お話し:柴 勤(当館館長) 会場:当館映像ルーム 聴講無料

◆アーティスト・トーク
「くっちゃんART 2018(2)」
「くっちゃんART」出品作家それぞれの方に、ご自分の作品について、背景や技法、そこに込められた思いなどを様ざまな角度からお話ししていただきます。
講師: 「くっちゃんART]出品作家の皆さん
日時: 2月24日 土曜日 14時から15時30分
会場: 第2展示室(要観覧料)

小川原脩記念美術館
倶知安町北6条東7丁目1(〒044-0006)
TEL:0136-21-4141 FAX:0136-21-4142

Shu Ogawara Museum of Art
Kita6,Higashi7,Kuchan,Hokkaido,JAPAN
tel:+81-136-21-4141 fax:+81-136-21-4142

ModiglianiClick!(クリックすると大きくなります)

小川原脩記念美術館からお知らせです。
1月13日は、アート探訪〈見て・聞いて〉10「瞳のない肖像画 モディリアーニ Modigliani et ses Portraits sans Prunelles」。
映像とトークにより、美術の世界を楽しむシリーズ第10回目です。
土曜サロンでは、昨年5月にもモディリアーニを取り上げましたが、来週、モディリアーニの映画を見るにあたっての再登場です。内容は昨年と少し変わります。

1884年、イタリアに生まれ、20世紀初頭、パリに姿を現したアメディオ・モディリアーニ。ルネサンス以来の古典美術やアフリカなどの原始美術に影響を受け、優美な曲線と甘美な色調、アンニュイな雰囲気に彩られた独特の女性像を作り上げました。しかし、生来の虚弱な体質に極度のアルコール飲酒が追い打ちをかけ、貧困と病苦のうちにわずか35歳で世を去ったのです。今回は、瞳のない肖像画に込められた画家の思いを探ります。

  • 2018年1月13日(土)14:00~15:00
  • 当館 映像ルーム(参加無料)
  • お話し: 柴 勤 館長

展示もぜひご覧ください(要観覧料)。

常設展
小川原 脩展 アジアの街角で
会期:12月2日 土曜日~2018年4月15日 日曜日

企画展
徳丸 晋 写真展 ーminamoー
会期:12月2日 土曜日~2018年2月4日 日曜日

その他、1月のイベント予定はフライヤーをご覧ください。
DecClick!(2回クリックすると大きくなります)

小川原脩記念美術館
倶知安町北6条東7丁目1(〒044-0006)
TEL:0136-21-4141 FAX:0136-21-4142

Shu Ogawara Museum of Art
Kita6,Higashi7,Kuchan,Hokkaido,JAPAN
tel:+81-136-21-4141 fax:+81-136-21-4142

coco(ダブルクリックしてください。大きくなります)

小川原脩記念美術館からお知らせです。
12月16日はは柴館長のお話と映像によるアート・シネマ館です。オドレイ・トトゥがココ・シャネルを演じる「ココ・アヴァン・シャネル」を鑑賞します。

◆アート・シネマ館
「ココ・アヴァン・シャネル」2010年/110分/フランス(字幕)
田舎のナイトクラブからパリへ、そして世界へ。コネクションも財産も教育もない少女が、世界のココ・シャネルになるまでの物語。
日時:12月16日 土曜日 14時から16時
お話し:柴 勤(当館館長) 会場:当館映像ルーム 聴講無料

12月2日より展示が変わっています。

常設展
小川原 脩展 アジアの街角で
会期:12月2日 土曜日~2018年4月15日 日曜日

企画展
徳丸 晋 写真展 ーminamoー
会期:12月2日 土曜日~2018年2月4日 日曜日

小川原脩記念美術館
倶知安町北6条東7丁目1(〒044-0006)
TEL:0136-21-4141 FAX:0136-21-4142

Shu Ogawara Museum of Art
Kita6,Higashi7,Kuchan,Hokkaido,JAPAN
tel:+81-136-21-4141 fax:+81-136-21-4142

Dec2017Click!(2回クリックすると大きくなります)

小川原脩記念美術館よりお知らせです。
12月2日より展示が変わります。
展示初日には、企画展で作品を披露される写真家の徳丸晋さんによるアーティスト・トークがあります。
ぜひご参加ください。

徳丸晋さんの写真展minamoに関する沼田学芸員による記事が、朝日新聞に掲載されました。
水面に魅せられた徳丸晋

常設展
小川原 脩展 アジアの街角で
会期:12月2日 土曜日~2018年4月15日 日曜日

企画展
徳丸 晋 写真展 ーminamoー
会期:12月2日 土曜日~2018年2月4日 日曜日

―12月のイベント情報―​

◆アーティスト・トーク
「徳丸晋の写真世界そしてminamo」
羊蹄山麓に佇む半月湖を見つめ続ける倶知安在住の写真家・徳丸晋さん。展覧会のオープン記念として、ご自分の作品について様ざまな角度からお話ししていただきます。
日時:12月2日(土)10時から
講師:徳丸 晋さん(写真家) 会場:当館第2展示室(無料)

◆土曜サロン
アート探訪〈みて☆きいて〉9
「クレー 色彩の管弦楽」
スイスのベルンに生まれ、美しい色彩と豊かな想像力により抒情的な抽象世界を生み出したパウル・クレー。音楽家でもあったクレーの実像を、残された作品や遺留品から探ります。
日時:12月9日 土曜日 14時から15時
お話し:柴 勤(当館館長) 会場:当館映像ルーム 聴講無料

​​◆アート・シネマ館
「ココ・アヴァン・シャネル」2010年/110分/フランス(字幕)
田舎のナイトクラブからパリへ、そして世界へ。コネクションも財産も教育もない少女が、世界のココ・シャネルになるまでの物語。
日時:12月16日 土曜日 14時から16時
お話し:柴 勤(当館館長) 会場:当館映像ルーム 聴講無料

◆ミュージアム・コンサート
毎年恒例のキッズが主役のクリスマス・コンサート。多くのお子さんの楽器演奏、歌声をお楽しみください。また、オジサン・グループの特別出演やサンタさんからのプレゼントもあります。
演奏: 町内の各小学校・音楽教室の皆さまなど
対象: お子さまから大人まで
日時: 12月23日(祝・土曜日)17時30分から19時30分
会場: 当館第1展示室(無料)

小川原脩記念美術館
倶知安町北6条東7丁目1(〒044-0006)
TEL:0136-21-4141 FAX:0136-21-4142

Shu Ogawara Museum of Art
Kita6,Higashi7,Kuchan,Hokkaido,JAPAN
tel:+81-136-21-4141 fax:+81-136-21-4142

roudoku

有島記念館では恒例となった朗読とチェンバロ演奏による「朗読と音楽の調べ」のご案内です。

元・北海道放送アナウンサーの田村英一さんと、チェンバロ奏者の明楽みゆきさんをお招きします。
文学と音楽の調べを、どうぞご堪能ください。

  • 日  程
  • 2017年 11月23日(木・祝)
    開場 12:30
    開演 13:00

  • 場  所
  • 有島記念館アートホール(ブックカフェ有島記念館×高野珈琲店)

  • 料  金
  • 常設展観覧料のみでご観覧いただけます。
     ・入 館 料 /大人500円(団体10名以上:400円) 高校生:100円
              ※中学生以下および65歳以上のニセコ町民は無料
         年間パスポート(発行年度内有効):大人:800円 高校生200円
     出演者のプロフィール他、詳細はこちらのリンクをご覧ください。

  • 問 合 先
  • ニセコ町・有島記念館まで(0136-44-3245)