2015_ミュージアム・コンサート(Ennui)

”小川原脩記念美術館ミュージアムコンサート”
「ギターデュオ “アンニュイ” アコースティックコンサート
       ~ Sound of Voices ~」

場 所:小川原脩記念美術館ロビー(倶知安町北6条東7丁目1)
日 時:6/21(日)14:00~15:00
料 金:無料
演 奏:”ギターデュオ アンニュイ
  三谷幸久氏(クラシックギター)と三谷良典氏(アコースティックギター)による兄弟デュオ

 ミュージアムコンサートちらし(PDF形式:243KB)

お問い合わせ:0136-21-4141

3月
3
0

くっちゃんART 2015

kutchan-art2015

倶知安町と羊蹄山麓に住む芸術家、そしてそれぞれの芸術家たちと繋がりを持つ海外の芸術家が、多様な表現による多彩な作品を持ち寄って、地方ならではの個性ある芸術文化を紹介します。
“KUTCHAN ART 2015” showcases varied works of art not only by local artists from Kutchan town and the Yoeti submontane area but also unique works by artists from overseas.

【開催期間】2015年2月21日(土)~3月22日(日) フライヤー(pdf)
[Exhibition period] 21 February – 22 March 2015

【出品作家】
荒野洋子 ARANO, Yoko      (書)
上田 茂 UEDA, Shigeru     (水彩画)
坂井和子 SAKAI, Kazuko     (油彩画)
嶋貫由紀子 SHIMANUKI, Yukiko (テンペラ画)
高橋篁仙 TAKAHASHI, Kosen   (日本画)
武田志麻 TAKADA, Shima    (版画)
徳丸 晋 TOKUMARU, Shin    (写真)
徳丸 滋 TOKUMARU, Shigeru  (アクリル)
西村勝廣 NISHIMURA, Katsuhiro  (日本画)
林 幸子 HAYASHI, Sachiko   (陶)
林 雅治 HAYASHI, Masaharu  (陶)
府川 誠 FUKAWA, Makoto    (版画)
福田好孝 FUKUDA, Yoshitaka   (油彩画)
本庄隆志 HONJYO, Takashi    (アクリル画)
本庄優子 HONJYO, Yuko     (水彩画)
宮村 勉 MIYAMURA, Tsutomu  (油彩画)
山田則意 YAMADA, Norioki    (油彩画)
アンジェラ・サーボ Angela Szabo (アクリル画)
ヘザー・マッカルマン Heather McCalman(油彩画)
イアン・J・マシィー Ian J. Massie(油彩画)
マーゴ・バトリー Margo Bartley (水彩画)
レインハード・アートバーグ Reinhard Artbreg(版画)

【お問い合わせ先】
小川原脩記念美術館 (ご利用案内
 電話番号:0136-21-4141  FAX:0136-21-4142
[Place & contact] Shu Ogawara Museum of Art(1, Kita 6 Higashi 7, Kutchan; TEL:0136-21-4141)

【常設展】
小川原 脩  自伝風な展覧会-私の歩いてきた道-

開催期間:2014年11月29日(土) ~ 2015年4月20日(月)

IMG_1543

ニセコ冬の音楽祭2014が、無事終了しました。ボランティアのみなさん、チケットご購入いただいたみなさん、スポンサーの皆さん、ありがとうございました。
今年のニセコ冬の音楽祭は、過去4回出演したリチャード・トネッティとオーストラリア室内管弦楽団が出演できないことなどにより、一時は開催見送りを発表いたしました。
しかし、一昨年からゲストとして出演されている、日本を代表する若手クラシックギター奏者の大萩康司さんの応援により、クァルテット・エクセルシオの4名を招いて、まったく新しい形のコンサートを、全く新しい会場で開催することができました。
また、出演されたアーティストのみなさんには、ニセコの雪・自然・雪・宿泊施設、そしてニセコスタイルともいうべきゆったりとしたあたたかいライフスタイルも体験していただくことができたと思います。今後も、世界で活躍されるアーティストの方々を通して、ニセコが発信されることを期待しています。
さらに、今回の出演を機に、若手アーティストの方からこのイベントへのフィードバックを得て、さらによりよいイベントへと発展させていける手ごたえを得ました。

このイベントは、有志による実行委員会形式で実施しています。
いまやニセコの冬に欠かせない文化イベントとなったニセコ冬の音楽祭の継続のため、今後とも地域のみなさまのご支援をお願い申し上げます。

実行委員会一同より

The 2014 Niseko Winter Music Festival ended.The fifth annual Niseko Winter Festival was held successfully from 11 to 12 February.
Yasuji Ohagi Ohagi, one of Japan’s leading classical guitarists, collaborated with Quartet Excelsior and showcased a unique program each night at venues across the Niseko area.
The musicians seemed to enjoy their stays in Niseko. It is apparent that this unique event has been gaining both local and international recognition but at the same time, it was quite challenging to hold this event without having ACO and Richard Tognetti, and to invite new artists for the renewed events at the new venues. This was the second time for this executive committee to plan and organize the event, and it would not have been successful if not for the support of the sponsors, the volunteer staff and other local business partners. Thanks to
everyone for your continuous support! We sincerely hope that the Niseko Winter Music Festival will keep growing as a keystone cultural event of Niseko’s winter, and we appreciate everyone’s continued support.

For now, please enjoy the photo galleries by Natsuko( Click the thumbnail).

By The Excutive Committee for the Niseko Winter Music Festival

コンサートの模様を、写真アルバムでご覧ください(サムネイルをクリックするとアルバムにジャンプします)

The 1st Night in Hirafu 第一夜 in Hirafu
IMG_1501

The 2nd Night in Niseko 第二夜 in Niseko
IMG_1543

flyer-large

いよいよ今週ニセコ冬の音楽祭開催です。

第1夜は2月11日(火・祝)、ニセコ四季1階「粋」にて18:00スタート。第2夜は2月12日(水)、ニセコミルク工房レストラン「プラティーヴォ」にて18:30開演です。
チケットは、エクスプロアニセコ・まちの駅ぷらっと・ニセコリゾート観光協会・および各会場にて好評発売中です。
ご来場をお待ちしています。

プレスリリース0209

演奏者プロフィール

大萩 康司 ( おおはぎ・やすじ )

日本を代表する若手ギタリスト。高校卒業後にフランスに渡り、パリのエコール・ノルマル音楽院、パリ国立高等音楽院で学ぶ。1998年、ギター国際コンクールとして世界最高峰とされるハバナ国際ギター・コンクールにて第2位及び審査員特別賞(レオ・ブローウェル賞)を受賞。他にも世界各地で高い評価を得ている。

2000年にCDデビュー。これまでに11枚のCDおよび2枚のDVDをリリース。ルネサンスから現代曲まで多彩なレパートリーを持ち、ソロから室内楽、協奏曲と幅広く取り組んでいる。第6回ホテルオークラ賞、第18回出光音楽賞受賞。宮崎県生まれ。

クァルテット・エクセルシオ
クァルテット・エクセルシオは、年間 70 回以上の公演を行う常設弦楽四重奏団である。東京、京都、札幌での定期演奏会では、ベートーヴェンを軸に王道レパートリーを展開、また 『ラボ・エクセルシオ』と銘打った斬新な企画で近現代作品を中心に取り上げ注目を集めてきた。

一方で、幼児 ~学生のためのコンサートや地域ミュニティコンサートを通じて、室内楽の聴衆の輪を広げていく活動にも専心している。

’94 年桐朋学園大学在学中に結成。イタリアの難関、第5回パオロ・ボルチアーニ国際弦楽四重奏コンクール最高位、’09 年には第19回新日鉄音楽賞「フレッシュアーティスト賞」受賞、エクセルオが全曲演奏した作曲家グループ「クロノイ・プロトイ」の公演がサントリー芸術財団から第 9回佐治敬三賞を受けた。またサントリーホールの「室内楽アカデミー」では、コーチング・ファカルティを勤め、後進の指導にもあたっている。

’06 年にはウズベキスタン共和国、 ’09 年にはイギリス、 ルマニア、’11 年には米・ホノルルに招聘され国際社会おける日本の文化交流も積極的に行っている。

ジェイズ・ミューックレベルより CDQUARTET EXCELSIOR 」、「死と乙女 」をリリース。

http://www.quartet -excelsior.jp/

MEDIA

多くのサイトでニセコ冬の音楽祭をご紹介いただいています。
大萩康司さんのスケジュール
羊蹄山麓カントリーロード
ニセコリゾート観光協会
ニセコプロモーションボード
泉郷レンタルコテージ

flyer
大変お待たせしました。「ニセコ冬の音楽祭2014 第1夜 in Hirafu」の発表です。
We are very happy to announce the Niseko Winter Music Festival 2014 in Hirafu!

Guitar YASUJI OHAGI / ギター 大萩 康司

Quartet Excelsior / クァルテット・エクセルシオ

Niseko Winter Music Festival in Hirafu ニセコ冬の音楽祭 in Hirafu

From Australian Outback to Japanese Satoyama
アウトバックから里山まで

<弦楽四重奏>

  • Haydnハイドン:String Quartet 弦楽四重奏曲 作品20-6 第1楽章
  • Claude Debussyクロード・ドビュッシー:String Quartet 弦楽四重奏曲より第1楽章
  • Japanese folk songs “So-run bushi” , “A Cradle song in Itsuki” 日本民謡 「ソーラン節」、五木の子守唄
  • Peter Sculthorpe ピーター・スカルソープ:String Quartet No. 15 “A Love Song” 弦楽四重奏曲第15番より「ラブ・ソング」
  • <混合>

  • Franz Schubertフランツ・シューベルト:Guitar Quartets ギター四重奏曲より
  • Enrique Granados グラナドス:Guitar Quintet, From Danzas Espagñolas ギター5重奏版 スペイン舞曲集より 
  • Radamés Gnattali ニャタリ:From Sonata for Cello and Guitar ギターとチェロのソナタより 
  • Luigi Boccherini ルイジ・ボッケリーニ:“Fandango”from Guitar Quintets ギター五重奏より「ファンダンゴ」
    • Date 日時 : Tuesday 11th February 2月11日(火・祝) Door Open 5:30pm Start 6:00 開場 5:30 開演 6:00
    • Venue 場所 :Restaurant – Cafe – Bar IKi 粋 (四季ニセコ 1F) 


    • Ticket for Each Concert チケット

      Flyer ちらし 

      3,000 yen  (incl.tax 税込)   

      Children under 7 years old can not enter the concert.
      未就学のお子様の入場はできません。

      Booking & Enquiries ご予約・お問い合わせ
        Explore Nisekoエクスプロアニセコ  

        Tel: 0136-55-8848

        Email: info@explore-niseko.com

      その他チケット取扱い : プラティーヴォ、ニセコリゾート観光協会,ニセコビュープラザ,まちの駅ぷらっと, Restaurant – Cafe – Bar IKi 粋 
        1月31日より発売予定

      ◆Presented by Niseko Winter Music Festival executive committee  主催 ニセコ冬の音楽祭実行委員会

      ◆後援:ニセコ町、ニセコリゾート観光協会、倶知安町、北海道後志総合振興局(予定)

      ◆Supported by 協賛
      Hokkaido Tourism Management / Niseko Management Service / Niseko Promotion Board /IKI 粋 / Prativo / 高橋牧場ミルク工房

      ニセコ冬の音楽祭 in Hirafuは地域づくり総合交付金の補助を受けて実施しています。

      ニセコ冬の音楽祭 in Niseko についてはこちらもご覧ください。
      As for the Niseko Winter Music Festival in Hirafu, please visit the following webpage.
      NWMFニセコ冬の音楽祭 in Niseko

    notoya2

    【日時】
    2013年11月10日(日)13:30 開場 14:00 開演

    【出演者】

        能登谷 安紀子(ヴァイオリン、PMF1998参加)

     

      碓井 俊樹(ピアノ)

    【プログラム】

        モーツァルト/ヴァイオリン・ソナタ 変ロ長調 KV378

     

        ブラームス/ヴァイオリン・ソナタ ニ短調 Op. 108

     

        バッハ/G線上のアリア

     

        能登谷安紀子/もみじ変奏曲

     

    【会場】
    ニセコ町・有島記念館アートホール

    【入場料】

        入観料のみで鑑賞可

     

        一般 : 500円

     

        中学生 : 100円

     

      ※小学生以下と68歳以上のニセコ町民は無料

    【お問い合わせ】
    有島記念館 TEL.0136-44-3245   詳しくはフライヤーもご覧ください。

    【主催】
    ニセコ町・有島記念館

    【出演者紹介】
    能登谷 安紀子notoya1

    札幌市出身。ヴァイオリン、ピアノ、オルガン、声楽を学ぶ。東京藝術大学音楽学部器楽科ヴァイオリン専攻を経て、同大学院修了。東京藝術大学フィルハーモニアと共演。YBP国際音楽コンクール第2位。PMFオーケストラ・アカデミーや横浜オペラ未来プロジェクト・オーケストラのメンバーを務める。ピアノトリオ・アルティカ・メンバー。ソロ、室内楽、オーケストラ演奏の他、弦楽アンサンブルや学生オーケストラの指導、アウトリーチ演奏、作曲活動等、札幌、東京を中心に各地で幅広い活動を行っている。平成23 年度北海道文化財団HAF アーティストに選ばれ、道内3 ヶ所でコンサート及びアウトリーチを実施。

    有島記念館若手作家展Ⅰ「再会reunion」

    開催期間:2013年7月1日(月)~9月29日(日)9:00-17:00
    場所:ニセコ町有島記念館特別展示室(ニセコ町有島57)TEL:0136-44-3245
    観覧料:大人一般 500円(20名以上団体:400円)/ 中学生 100円(常設観覧料のみで観賞可)
    ※小学生以下およびニセコ町在住68歳以上は無料

    From July 1st (Mon) to September 29 (Sun) the Arishima Memorial Museum young artists’ exhibitionis is being held. The topic of the special exhibition is “Reunion” and includes works from eight young artists who all have exhibition experience at the Arishima Memorial Museum. Don’t miss the opportunity to enjoy this special exhibition!

    Exhibition period: July 1st (Mon) – September 29th (Sun) 2013

    Venue: Niseko Town, Arishima Memorial Museum Special Echibition Room (Niseko-cho, Aza Arishima 57) TEL: 0136-44-3245

    Entrance fee: Adults 500 y (for groups over 20 persons 400 y), junior high school students 200 y (possible to enter with regular entrance fee only)

    *Free entry for elementary students or younger and senior Niseko residents over 68

    Read More

    (Copyright©2012 図書館の子|Joh's Picture Book Project. All Rights Reserved.)

    (Copyright©2012 図書館の子|Joh’s Picture Book Project. All Rights Reserved.)

    ◆アーチスト・イン・レジデンス ひらふ 
      直木賞作家 佐々木譲氏 電子絵本朗読イベント

    ひらふに別荘を持つ直木賞作家、佐々木譲氏の新作電子絵本「図書館の子」朗読イベントを開催します。

    ■第一会場: グラン・ヒラフスキー場. Base  
    ・日 時: 2013年3月30日(土)午後6時~
    ・内 容: 朗読とイラスト上映、チェロ生演奏、ワインと花火
    ・参加料: 2,000円(前売り:1,500円) 
            ワイン(ソフトドリンク)・サンドイッチ付き
    1.電子絵本の音楽を担当した竹本利郎氏によるチェロ演奏
    2.佐々木譲氏による日本語版朗読
       (スクリーンに英語版のイラストを上映しながら行います。)
    3.トークショー
    4.サイン会 書籍版の「図書館の子」の即売とサイン会

    ■第二会場: 絵本カフェ「もるげんろーと」  
    ・日 時: 2013年3月31日(日)午後1時~2時
    ・内 容: 朗読とイラスト上映。お子さん向けイベント
    ・参加料: 中学生まで無料(事前申し込み先着40名)
           大人500円
    1.スクリーンに英語版を映しながらアプリの音楽・効果音とともに、日本語で佐々木氏が朗読。
    2.終了後は、お子さんたちの質問に答えます。

    ※詳細は、公式Webをご覧ください。

    ※ご予約・お問い合わせ
     グラデュウス・マルチリンガルサービス株式会社
     担当: 山本
     Phone: 011-717-8770

    佐々木譲氏 電子絵本朗読イベントご協賛のお願い

    (Copyright©2012 図書館の子|Joh's Picture Book Project. All Rights Reserved.)

    (Copyright©2012 図書館の子|Joh’s Picture Book Project. All Rights Reserved.)

    Artist in Residence, Hirafu An iPad App Picture-Book Reading by Joh Sasaki,
    the Naoki Award-winning Novelist .
    Mar. 30 at “dot.Base” in Grand Hirafu, Mar.31 at Morgenrot

    Contact:
    GRADUS MULTILINGUAL SERVICES, INC.(Ms.Yamamoto)
    Phone: 011-717-8770
    e-mail: chigako.y@gradus.net
    URL:http://www.gradus.net/

    *Invitation for assistance in the event

    ラインハードアートバーグ作品展「アウト オブ パリス」が、3月3日に終了しました。アートバーグさん夫婦が帰国前に、ニセコ町役場を訪問。今後、「ヨーロッパでもニセコのPRをしたい」とおっしゃっていました。
    羊蹄山をはじめ、ニセコをモチーフにした作品も多く創作されているラインハードさん。今後のますますのご活躍をお祈りしています。

    The Reinhard Artberg exhibition “Out of Paris” at the Chomin Center ended on March 3rd. Before returning to Austria, the artist and his family visited the Niseko Town Council Chambers. In a meeting with the mayor and deputy-mayor, they promised to promote Niseko back in Europe as well.
    We wish you every success and happiness, Reinhard and Yukiko!

    The Reef(ザ・リーフ)  2013 年2月22日~3月4日まで

    ニセコ冬の音楽祭で、これまで4回の公演を成功させたオーストラリア室内管弦楽団(ACO)の最新コンサート情報です。
    ACOの芸術監督、リチャード・トネッティが、2012年5月、2週間にわたって西オーストラリアのNingaloo Reefに滞在し、サーフィンと曲作りと撮影に取り組みました。
    その成果である映像が、このたびThe Reef として完成し、ただいま同名のコンサートツアーをオーストラリア国内で行っています。
    ACOは、第2回ニセコ冬の音楽祭で、やはりサーフィンと音楽を融合させたフィルム「ミュージカ・サーフィカ」を上映し、ニセコの音楽ファンのみならずスノーボードファンにも衝撃を与えました。

    このたびのThe Reefが次のニセコ冬の音楽祭で上映されるかは未定ですが、スキーとサーフィンを愛するリチャード・トネッティの最新作として、ぜひご注目ください。
    また今年も4週間にわたってニセコに滞在し、精力的にスキーとコンサートを行ったリチャードが、ニセコのパウダーから音楽に対するインスピレーションを得ているのか、これもまた来年の音楽祭に向けて目が離せないポイントです。

    The Reefのプログラムは、pdfまたはウェブブックでご覧いただけます。

    Download the program (PDF)
    viw online.

    The Reef22 February – 4 March 2013

    In May 2012, Richard Tognetti took a crew of surfers, musicians and film makers to Ningaloo Reef, where the desert meets the sea. They spent two unforgettable weeks surfing, making music and filming and the result is The Reef.

    Immerse yourself in Jon Frank’s images of the ocean, the world’s best fin-free surfers, the arid desert landscape and the starry sky, as an incredible array of music swirls around you. It alters your perception of a classical music concert through the prism of a transcendental surf film. You’ll never forget it.

    Read notes from Richard Tognetti, Jon Frank, Iain Grandage, Mick Sowry and Derek Hynd in the program for the 2012 performances of The Reef.
    Download the program (PDF), or viw online.

    Stay tuned and let’s see what they perform in Niseko next year!