T.AbeClick!(2回クリックすると大きくなります)

◆地域文化講座
「阿部典英~創作の原点」
「オヨメサン」や「ネエ ダンナサン」のシリーズ名からも想像できるように、造形の世界を自由に軽やかに飛び回る阿部典英氏。小樽を拠点に世界へと活動を展開する創作の原点は意外にも・・・。
日時:5月17日 木曜日 18時から19時
お話し:阿部典英氏(美術家) 会場:当館ロビー(無料)

小川原脩記念美術館
倶知安町北6条東7丁目1(〒044-0006)
TEL:0136-21-4141 FAX:0136-21-4142

Shu Ogawara Museum of Art
Kita6,Higashi7,Kuchan,Hokkaido,JAPAN
tel:+81-136-21-4141 fax:+81-136-21-4142

rankoshi20180503

赤城りえ(fl)、伊藤芳輝(gt)、佐藤裕一(Cajon)

日 時
2018年5月26日(土曜日)  OPEN:14時30分 START:15時00分
場 所
蘭越パームホール(磯谷郡蘭越町昆布町379)
料 金
¥2,000
お問い合わせ
01136-57-5550(金子)

fujikura

有島武郎生誕140周年・有島記念館開館40周年記念
藤倉英幸作品受贈記念「藤倉英幸展 季節をたどって Part1」関連事業
藤倉英幸さんをニセコにお招きして 2
藤倉英幸 作品づくりの思い出と思い入れを語る

日時 2018年 5月 13日(日) 13:00開始(1時間程度)
場所 ニセコ町 有島記念館 特別展示室「藤倉英幸展」内
料金 常設展観覧料のみで入場できます

・入 館 料 /一般500円(団体10名以上:400円) 高校生:100円
       ※中学生以下および65歳以上のニセコ町民は無料

       年間パスポート(1年間有効):大人:800円 高校生200円
主催
ニセコ町・有島記念館

有島記念館
 〒048-1531
 北海道虻田郡ニセコ町字有島57番地
 TEL (0136)44-3245 FAX (0136)55-8484

frida(ダブルクリックしてください。大きくなります)

小川原脩記念美術館からお知らせです。
2月17日は柴館長のお話と映像によるアート・シネマ館です。2003年のアカデミー賞2部門、ゴールデン・グローブ賞、イギリス・アカデミー賞など多くの賞を受賞した「フリーダ」を鑑賞します。

◆アートシネマ館

「フリーダ」 2003年/123分/アメリカ・カナダ・メキシコ(字幕)
大事故の後遺症に苦しみながらも、絵を描くことに生きる希望を見出したフリーダ・カーロ。過酷な運命に翻弄されながら、愛と芸術に生きた47年間の壮絶な生涯が鮮やかに甦ります。

  • 日時:2月17日 土曜日 14時から16時10分
  • お話し:柴 勤(当館館長)
  • 会場:当館映像ルーム 聴講無料

展示もどうぞご覧ください(要観覧料)

常設展
小川原 脩展 アジアの街角で
会期:12月2日 土曜日~2018年4月15日 日曜日

企画展
くっちゃんART 2018
 今年で 10 回目を迎える「くっちゃん ART」は、倶知安町はもとよりニセコ・羊蹄山麓周辺で芸術活動に身を置く作家、さらにはそれら の作家と交流のある海外在住の作家が多様な表現による多彩な作品を持ち寄り、さらなる交流を深める、この地域ならではの国際性を反映 したユニークな展覧会です。小さな美術館で、多くの作家が集う、賑やかな展覧会を開催します。
会期:2月10日 土曜日から4月15日 日曜日

小川原脩記念美術館
倶知安町北6条東7丁目1(〒044-0006)
TEL:0136-21-4141 FAX:0136-21-4142

Shu Ogawara Museum of Art
Kita6,Higashi7,Kuchan,Hokkaido,JAPAN
tel:+81-136-21-4141 fax:+81-136-21-4142

fyjikura

2017年、藤倉英幸さんから有島記念館に、切り絵、貼り絵、アクリル画、ポスターなどの作品や資料など約12000点の寄贈がありました。
その受贈を記念して、藤倉さんをお招きし、展示作品や各地取材の思い出などをお話いただくギャラリートークを行います。

  • 日時 2018年2月10日(土)14:00より
  • 場所 ニセコ町・有島記念館 
  • 料金等 要観覧料・お申し込み不要 

 
今後の展示予定
[藤倉英幸展 「季節をたどって」 Part1]

  • プレ展示: 2018年 2月10日(土) ~ 2月25日(日)
  •   ちらし表pdf /ちらし裏pdf

  • 本 展 示: 2018年 3月24日(土) ~ 7月22日(日)

 プレ展示では春から初夏の風景作品を紹介し、本展示では近年の作品を追加展示します。
第2期展(7月~10月)では、夏から秋にかけての作品を、『冬の藤倉英幸展』で(12月~19年3月)では冬から春にかけての作品を紹介します。

 展示観覧料  常設展観覧料のみで鑑賞可
   ・入 館 料 /一般500円(団体10名以上:400円) 高校生:100円
     ※中学生以下および65歳以上のニセコ町民は無料
   年間パスポート(1年間有効):大人:800円 高校生200円

有島記念館
 〒048-1531
 北海道虻田郡ニセコ町字有島57番地
 TEL (0136)44-3245 FAX (0136)55-8484

24883412_149264119048951_6005872874989940886_o

有島記念館映像上映会のお知らせです。
 
大きなスクリーンと解説で、名作をより深く楽しみましょう。
有島武郎の長男・森雅之出演作品です。

2017年 12月16日(土)
13:00 開始
上映前15分間程度、作品解説を行います。
解説:伊藤大介(有島記念館主任学芸員)
料金:無料(要申込み・定員40名)

お申込み・お問い合わせ
ニセコ町・有島記念館まで(0136-44-3245)

Dec2017Click!(2回クリックすると大きくなります)

小川原脩記念美術館よりお知らせです。
12月2日より展示が変わります。
展示初日には、企画展で作品を披露される写真家の徳丸晋さんによるアーティスト・トークがあります。
ぜひご参加ください。

徳丸晋さんの写真展minamoに関する沼田学芸員による記事が、朝日新聞に掲載されました。
水面に魅せられた徳丸晋

常設展
小川原 脩展 アジアの街角で
会期:12月2日 土曜日~2018年4月15日 日曜日

企画展
徳丸 晋 写真展 ーminamoー
会期:12月2日 土曜日~2018年2月4日 日曜日

―12月のイベント情報―​

◆アーティスト・トーク
「徳丸晋の写真世界そしてminamo」
羊蹄山麓に佇む半月湖を見つめ続ける倶知安在住の写真家・徳丸晋さん。展覧会のオープン記念として、ご自分の作品について様ざまな角度からお話ししていただきます。
日時:12月2日(土)10時から
講師:徳丸 晋さん(写真家) 会場:当館第2展示室(無料)

◆土曜サロン
アート探訪〈みて☆きいて〉9
「クレー 色彩の管弦楽」
スイスのベルンに生まれ、美しい色彩と豊かな想像力により抒情的な抽象世界を生み出したパウル・クレー。音楽家でもあったクレーの実像を、残された作品や遺留品から探ります。
日時:12月9日 土曜日 14時から15時
お話し:柴 勤(当館館長) 会場:当館映像ルーム 聴講無料

​​◆アート・シネマ館
「ココ・アヴァン・シャネル」2010年/110分/フランス(字幕)
田舎のナイトクラブからパリへ、そして世界へ。コネクションも財産も教育もない少女が、世界のココ・シャネルになるまでの物語。
日時:12月16日 土曜日 14時から16時
お話し:柴 勤(当館館長) 会場:当館映像ルーム 聴講無料

◆ミュージアム・コンサート
毎年恒例のキッズが主役のクリスマス・コンサート。多くのお子さんの楽器演奏、歌声をお楽しみください。また、オジサン・グループの特別出演やサンタさんからのプレゼントもあります。
演奏: 町内の各小学校・音楽教室の皆さまなど
対象: お子さまから大人まで
日時: 12月23日(祝・土曜日)17時30分から19時30分
会場: 当館第1展示室(無料)

小川原脩記念美術館
倶知安町北6条東7丁目1(〒044-0006)
TEL:0136-21-4141 FAX:0136-21-4142

Shu Ogawara Museum of Art
Kita6,Higashi7,Kuchan,Hokkaido,JAPAN
tel:+81-136-21-4141 fax:+81-136-21-4142

ennui

ギターデュオEnnuiの演奏と、映像作家外山光男さんのアニメーションのコラボです。
「芸術の秋」を有島記念館で、どうぞお楽しみください。
“Ennui”(アンニュイ)は、ニセコ町出身で、クラシックギター奏者の三谷幸久さんと、アコースティックギター奏者の三谷良典さんによる、兄弟デュオです。

  • 日 時
  • 2017年 11月26日(日)
    開場 12:30
    開演 13:00

  • 場 所
  • 有島記念館アートホール

  • 料 金
  • 常設展観覧料のみでご観覧いただけます。
     ・入 館 料 /大人500円(団体10名以上:400円) 高校生:100円
              ※中学生以下および65歳以上のニセコ町民は無料
         年間パスポート(発行年度内有効):大人:800円 高校生200円

  • お問い合せ先

ニセコ町・有島記念館まで(0136-44-3245)

有島記念館
〒048-1531
北海道虻田郡ニセコ町字有島57番地
TEL (0136)44-3245 FAX (0136)55-8484

・開館時間/午前9時~午後5時(入館は午後 4時30分まで)

・休 館 日 /毎週月曜日及び年末年始 ※ただし5月から9月は無休
(月曜日が、祝祭日及びその振替休日の時はその翌日)

Soubugen20171227Click!(2回クリックすると大きくなります)

コンサートのおしらせです。
JRニセコ駅前のニセコ中央倉庫群 旧でんぷん工場を会場に、バロックバイオリンと三味線によるライブです。
バロックバイオリンを演奏するのは、スペインはカタルーニャ出身の世界的バイオリニスト、アドリアーナ・アルカーイデさんです。
2016年9月にも、同じ会場でチェンバロとの共演で来町されています。
このたびスペイン大使館でのコンサートが実現したことを機会に、首都圏および北海道ニセコ町でもライブやワークショップなど日本公演が企画されました。
バロックバイオリンと三味線、和洋の伝統音楽のセッションをお楽しみください。

  • 日時
  •  12月27日(水)18:30~

  • 場所
  • 中央倉庫群 旧でんぷん工場

  • 出演
  • アドリアーナ&草舞弦(そうぶげん)

  • 入場料
  • 2000円 小学生以下1000円

    お問い合わせ
    ムジークガルテン音楽教室 
    クライス
    https://musikgartenpiano.com/
    080-6583-1377

arishima2017(ダブルクリックするとチラシが大きくなります)

有島武郎は白樺派を代表する作家であるとともに、明治期の札幌において美術同好会「黒百合会」を結成し、北海道における近代絵画の先駆者として後進に大きな影響を与えました。
この絵画展は、限りない創造性を内在した青少年に、広く創作発表の場を提供するとともに、有島の芸術振興の意思を継承することを目的としています。
入賞した作品は、有島記念館 特別展示室において展示されます。

10月19日~20日、審査会により入選作品が決定されました。
表彰式は、11月4日(土)13:00より、有島記念館アートホールにて行われます。
< ul>

  • 展示会期
  •    平成29年10月28日(土)~11月12日(日)
       休館日10月30日、11月6日

  • 展示会場
  •    有島記念館 特別展示室

  • 展示観覧料
  •    常設展観覧料のみ
       一般500円、高校生100円
       中学生以下、及び、ニセコ町在住の65歳以上は無料。
       10名以上の団体料金 :400円

  • 主催
  •    ニセコ町・北海道新聞社

  • 主管
  •    ニセコ町教育委員会

    有島記念館
     〒048-1531
     北海道虻田郡ニセコ町字有島57番地
     TEL (0136)44-3245 FAX (0136)55-8484