Sep (Clickすると大きくなります)

小川原脩記念美術館からお知らせです。芸術の秋の始まり、9月は毎週土曜日にイベントがあります。
9月17日はミュージアムコンサート、9月24日は大好評の柴館長による土曜サロンです。

川井善晴クラシックギター・コンサート
  「組曲・アジアの大地」
  日時:9月17日(土)14:00~15:00 会場:当館ロビー/無料

土曜サロン  「小川原脩とアンフォルメル」
  日時:9月24日(土)14:00~15:00
  講師:柴 勤(当館館長) 
  会場:小川原脩記念美術館映像ルームにて。土曜サロンは入場無料ですが、よろしければぜひ開催中の展示もご覧ください(要観覧料)。

特別展は、9月3日から「第58回 麓彩会展」がはじまります。ぜひお越しください!

flyer23

麓彩会展の出品作家によるアーティスト・トークです。ご自分の作品を前に、さまざまな角度からからお話ししていただきます。

  日時:第1回 9月 3日(土)10:00~11:30
     第2回 9月10日(土)14:00~15:00
     申込み不要、直接美術館へお越しください。※観覧料がかかります。

*****************************************
小川原脩記念美術館
倶知安町北6条東7丁目1(〒044-0006)
TEL:0136-21-4141 FAX:0136-21-4142

Shu Ogawara Museum of Art
Kita6,Higashi7,Kuchan,Hokkaido,JAPAN
tel:+81-136-21-4141 fax:+81-136-21-4142
*****************************************

wine

音楽とワインの夕べ
 8/27(土)18:00開演
  演奏:Cielo(ヴォーカル)、ふかまちけい(ギター)
  会場:当館ロビー
  料金:一般1,300円 小川原脩記念美術館友の会会員1,000円
  主催:小川原脩記念美術館友の会

8月のイベント (PDF形式:512KB)

-夏休みは小中高生無料!-
7月25日~8月28日まで小中高生無料で観覧できます。
ぜひお越しください!

小川原脩記念美術館
倶知安町北6条東7丁目1(〒044-0006)
TEL:0136-21-4141 FAX:0136-21-4142

SHIBA TSUTOMU
Shu Ogawara Museum of Art
Kita6,Higashi7,Kuchan,Hokkaido,JAPAN
tel:+81-136-21-4141 fax:+81-136-21-4142

小川原脩記念美術館からお知らせです。8月20日は土曜サロン「ミュージアムシネマ」を開催します。
ピカソの貴重な歴史的映像です。

    【イベント日時】
    8月20日(土)14:00~15:30
    土曜サロン ~ミュージアム・シネマ~ Salon on Saturday : Museum Cinema
    天才の秘密 ミステリアス ピカソ Le mystère PICASSO 【1956年・80分・フランス】

      カンヌ映画祭審査員特別賞受賞作品!!
     天才画家パブロ・ピカソによる制作の瞬間を記録した歴史的ドキュメンタリー。ピカソの絵筆の動きとともにスリリングに展開し、新たな作品が生まれる過程を緊迫感に満ちた映像でとらえている。ピカソ本人が全面協力し、画面に向かって次々と描かれる作品は、スケッチから水彩、油彩、やがて実験的大作へと連なっていくが、これらは撮影後に破棄され、もうこの映像の中にしか存在しない。 
      

      お話し: 柴 勤 (しば つとむ) さん (小川原脩記念美術館 館長)

    picasoClick!(クリックすると大きくなります)

    ※小川原脩記念美術館映像ルームにて。土曜サロンは入場無料ですが、よろしければぜひ開催中の展示もご覧ください(要観覧料)。

  • 第一展示室『小川原脩のラダック』
  • 第二展示室 しりべしミュージアムロード共同展『いろとかたちのシンフォニー』
  • 北海道後志管内の4町に点在する5つの美術館・文学館を結ぶ「しりべしミュージアムロード」。
    今年の共同展のテーマは、「いろとかたちのシンフォニー」。開催期間は2016年 7月16日(土) ~ 8月28日(日)です。
    ぜひこの機会に、お出かけください。

    ・有島記念館(ニセコ町)
    ・荒井記念美術館(岩内町)
    ・木田金次郎美術館(岩内町)
    ・西村計雄記念美術館(共和町)
    ・小川原修記念美術館(倶知安町)

    小川原脩記念美術館
    倶知安町北6条東7丁目1(〒044-0006)
    TEL:0136-21-4141 FAX:0136-21-4142

    Shu Ogawara Museum of Art
    Kita6,Higashi7,Kuchan,Hokkaido,JAPAN
    tel:+81-136-21-4141 fax:+81-136-21-4142

ami2016

小川原脩記念美術館から、お知らせです。

7月16日から、しりべしミュージアムロード共同展がはじまります。
今回のテーマは「美術と音楽」です。
そこで、オープニングに合わせ、コンサートを開催します。

出演は札幌の「コンセール・アミ」。テノール歌手を中心としたグル―プです。
コンセール・アミは、この日午後からは有島記念館、翌日午前は荒井美術館、午後は西村美術館と、4会場を巡業します。
プログラムは各館かなり異なるそうですので、まずは小川原美術館にお運びください。
そしてぜひ4会場へ追っかけを!
小川原脩記念美術館でのコンサートについて、曲目などくわしくは2016コンセールアミ(チラシ)(pdf)をご覧ください。

北海道後志管内の4町に点在する5つの美術館・文学館を結ぶ「しりべしミュージアムロード」。
今年の共同展のテーマは、「いろとかたちのシンフォニー」。開催期間は2016年 7月16日(土) ~ 8月28日(日)です。
ぜひこの機会に、お出かけください。

・有島記念館(ニセコ町)
・荒井記念美術館(岩内町)
・木田金次郎美術館(岩内町)
・西村計雄記念美術館(共和町)
・小川原修記念美術館(倶知安町)

小川原脩記念美術館
倶知安町北6条東7丁目1(〒044-0006)
TEL:0136-21-4141 FAX:0136-21-4142

SHIBA TSUTOMU
Shu Ogawara Museum of Art
Kita6,Higashi7,Kuchan,Hokkaido,JAPAN
tel:+81-136-21-4141 fax:+81-136-21-4142

小川原脩記念美術館からお知らせです。6月25日は土曜サロン「ミュージアムシネマ」を開催します。

    【イベント日時】
    6月25日(土)14:00~15:00
    土曜サロン ~ミュージアム・シネマ~ Salon on Saturday : Museum Cinema
    ふたりからの贈りもの ハーブ&ドロシー 2 HERB & DOROTHY 50×50【2013年・87分・アメリカ・佐々木芽世】

      郵便局員のハーブと図書館司書のドロシーが、30年間をかけて集めた膨大な現代アートのコレクション。国立美術館へまとめて寄贈したが、手元にはまだ大量の作品が。
     そこで次に考えたのは、全米50州の美術館へ50作品ずつ寄贈しよう… ニューヨークからハワイまで個性たっぷりの美術館へ。  

      お話し: 柴 勤 (しば つとむ) さん (小川原脩記念美術館 館長)

    土曜サロンハーブ&ドロシーClick!(クリックすると大きくなります)

    ※小川原脩記念美術館映像ルームにて。土曜サロンは入場無料ですが、よろしければぜひ開催中の展示もご覧ください(要観覧料)。

  • 常設展『小川原脩展 ―土着と風土―』
  • 企画展 『嶋貫由紀子展 Flower kings 花の王さま』
  • その他、6月のイベント予定を下のニュースレターでご覧ください。

    June

    小川原脩記念美術館
    倶知安町北6条東7丁目1(〒044-0006)
    TEL:0136-21-4141 FAX:0136-21-4142

    Shu Ogawara Museum of Art
    Kita6,Higashi7,Kuchan,Hokkaido,JAPAN
    tel:+81-136-21-4141 fax:+81-136-21-4142

無題

小川原脩記念美術館からお知らせです。6月18日は大好評の柴館長による土曜サロン、小川原脩とシュルレアリスム [3]です。

    【イベント日時】
    6月18日(土)14:00~15:00
    土曜サロン 小川原脩とシュルレアリスム [3] Syu OGAWARA and Surrealisme
    日本のシュルレアリスムと小川原脩 Surrealism in Japan and Shu Ogawara

      東京時代、若い小川原脩の心を熱くとらえたのは、フランスに端を発するシュルレアリスムの美術です。
     フランスに学んでいた福沢一郎は、三岸好太郎や古賀春江など、若い作家に広範な影響を与えました。小川原脩も福沢の誘いを受け昭和11年に「エコール・ド・東京」、14年には「美術文化協会」に参加、シュルレアリスムの作品を発表しています。

      お話し: 柴 勤 (しば つとむ) さん (小川原脩記念美術館 館長)

    無題2Click!(クリックすると大きくなります)

    ※小川原脩記念美術館映像ルームにて。土曜サロンは入場無料ですが、よろしければぜひ開催中の展示もご覧ください(要観覧料)。

  • 常設展『小川原脩展 ―土着と風土―』
  • 企画展 『嶋貫由紀子展 Flower kings 花の王さま』
  • その他、6月のイベント予定を下のニュースレターでご覧ください。

    June

    小川原脩記念美術館
    倶知安町北6条東7丁目1(〒044-0006)
    TEL:0136-21-4141 FAX:0136-21-4142

    Shu Ogawara Museum of Art
    Kita6,Higashi7,Kuchan,Hokkaido,JAPAN
    tel:+81-136-21-4141 fax:+81-136-21-4142

koto2

6月第1種の土曜日は、小川原脩記念美術館のロビー・コンサートです。
お琴の演奏をお楽しみください。

コンサートは入場無料ですが、よろしければぜひ開催中の展示もご覧ください(要観覧料)。

  • 常設展『小川原脩展 ―土着と風土―』
  • 企画展 『嶋貫由紀子展 Flower kings 花の王さま』
  • その他、6月のイベント予定を下のニュースレターでご覧ください。

    June

    小川原脩記念美術館
    倶知安町北6条東7丁目1(〒044-0006)
    TEL:0136-21-4141 FAX:0136-21-4142

    Shu Ogawara Museum of Art
    Kita6,Higashi7,Kuchan,Hokkaido,JAPAN
    tel:+81-136-21-4141 fax:+81-136-21-4142

    cha2

    小川原脩記念美術館の土曜サロン、5月の2回目はミュージアムシネマです。
    土曜サロンは入場無料ですが、よろしければぜひ開催中の展示もご覧ください(要観覧料)。

  • 常設展『小川原脩展 ―土着と風土―』
  • 企画展 『嶋貫由紀子展 Flower kings 花の王さま』
  • —————————

    ミュージアム・シネマ「ロシアとロバとその他のものに à la Russie, aux ânes et aux autres」
    5月 28日(土)14時~15時
    小川原脩記念美術館映像ルームにて。参加は無料です。
      ※常設展・企画展の観覧には入場料が必要です。

    cha
    土曜サロン表示pdf(シネマ「シャガール」)

    【土曜サロン講師】
    柴  勤 (しば つとむ) さん
    小川原脩記念美術館 館長

    小川原脩記念美術館
    倶知安町北6条東7丁目1(〒044-0006)
    TEL:0136-21-4141 FAX:0136-21-4142

    Shu Ogawara Museum of Art
    Kita6,Higashi7,Kuchan,Hokkaido,JAPAN
    tel:+81-136-21-4141 fax:+81-136-21-4142

    sur2

    小川原脩記念美術館からお知らせです。5月14日は大好評の柴館長による土曜サロンの新シリーズ、小川原脩とシュルレアリスム [2]です。特別展は、4月23日から「嶋貫由紀子展 Flower Kings 花の王さま」となっています。ぜひお越しください!

    【イベント日時・場所】

    • 5月14日(土)14:00~15:00 土曜サロン 小川原脩とシュルレアリスム [2] Syu OGAWARA and Surrealisme
    • ダダからシュルレアリスム(超現実主義)へ From Dada to Surrealism
       東京時代、若い小川原脩の心を熱くとらえたのは、フランスに端を発するシュルレアリスムの美術でした。
       今回は、まず第一次大戦の最中、チューリッヒとニューヨークを中心として始まった既成の価値を否定するダダの運動を紹介し、次いで、それを継承発展する形で、1920年代の半ば以降、爆発的な勢いで世界に広がったシュルレアリスムの運動に迫ります。
        お話し: 柴 勤 (しば つとむ) さん (小川原脩記念美術館 館長)
      surClick!(クリックすると大きくなります)

      ※小川原脩記念美術館映像ルームにて。土曜サロンは入場無料ですが、よろしければぜひ開催中の展示もご覧ください(要観覧料)。