shagaa

小川原脩記念美術館よりロビー・コンサートのお知らせです。
今月は、めずらしいカザフ民族音楽演奏会です。
ドンブラはカザフ族に古くら伝わるリュート型の弦楽器。ブケンバイ氏はドンブラの大家である父親の教えを受け、かつて大草原に鳴り響いていた伝統音楽を今に伝えています。

  • 日時:6月16日 土曜日 14時から15 時
  • 場所:小川原脩記念美術館ロビー
  • 演奏:ブケンバイ 氏(ドンブラ)
  • 演奏者プロフィール
    ブケンバイ(1993年生まれ)モンゴル国在住のカザフ人。
    2012年、モンゴル医科大学卒業(薬剤師)
    子ども時代には「小鳥の歌手」コンクール、2013年には地方協議会大会民間火曜の部で優勝。2010年、コルダヤコブ歌コンクールでは準優勝をおさめる。
    父リヤス クグルシンのもと、独学でドンブラ(※)を習得。
    幼少の頃より歌がうまいと評判で、父とともに外国人観光客の前で演奏経験を積む。大学進学後、首都ウランバートルに住むようになるが、父から学んだ故郷に伝わる古い楽曲をよく知るとして有名になる。
    2017年には、カザフスタンや中国に招かれて舞台に出演するなど活動の場は広がりを見せ始めた。
    ※ドンブラ…カザフ族に古くら伝わるリュート型の弦楽器

bruegel(2回クリックすると大きくなります)

小川原脩記念美術館からおしらせです。今週土曜日は、土曜サロン「アート探訪」〈みて☆きいて〉15「農民画家ブリューゲル世界が愛した芸術家 ~ピーテル・ブリューゲル」です。
7月28日から札幌芸術の森美術館で始まる「ブリューゲル展」に先立ち、大人気のブリューゲルについて学んでおきましょう。
次週のアート・シネマ館も「ブリューゲルの動く絵」です。

◆土曜サロン アート探訪〈みて☆きいて〉15
「農民画家ブリューゲル世界が愛した芸術家 ~ピーテル・ブリューゲル」

ブリューゲルは、16世紀のフランドル(現在のベルギー、オランダ)絵画を代表する画家です。寓意的な作品や幻想的、怪奇的な作品も描いていますが、1563年にブリュッセルへ移住してからは、農民を題材とした作品を次々と発表、「農民画家」と呼ばれるようになりました。 当時、絵画題材としての農民は、「無能で愚か者」のシンボルとして描かれることが普通でした。それに対しブリューゲルは、農民たちの側に立ち、その生活の隅々にまで入り込み、さらには心の奥まで知り尽くし、「人間」としての農民たちの姿を生き生きと、細を極めて描き出したのです。
・日時:6月2日 土曜日 14時から15時
・お話し:柴 勤(当館館長)
・会場:当館映像ルーム 聴講無料

展示室もぜひご覧ください(要観覧料)。

常設展
小川原 脩展 遥かなるイマージュ1
 「遥かなるイマージュ」は 1988 年に開催された回顧展(道立近代美術館)の副題で、小川原脩の長年の創作姿勢を表しており、本展では 小川原作品の全年代をご覧いただきます。
 また、前年度修復作品「植物園」(1937 年)を公開予定です。

会期:4月28日(土)~8月26日(日)

企画展
武内コレクション・プラス展「小さな犬の作品たち」
 道内外の著名な作家作品が多く含まれる故・武内一男氏寄贈の「武 内コレクション」、その多彩な作品をご覧ください。
 あわせて、小川原脩の愛らしい小品「犬・4」を中心に「ちいさな犬たち」の作品を ご紹介します。

会期:4月28日(土)~7月8日(日)

小川原脩記念美術館
倶知安町北6条東7丁目1(〒044-0006)
TEL:0136-21-4141 FAX:0136-21-4142

Shu Ogawara Museum of Art
Kita6,Higashi7,Kuchan,Hokkaido,JAPAN
tel:+81-136-21-4141 fax:+81-136-21-4142

2018June(2回クリックすると大きくなります)

小川原脩記念美術館より2018年5月のお知らせです。

常設展
小川原 脩展 遥かなるイマージュ1
 「遥かなるイマージュ」は 1988 年に開催された回顧展(道立近代美術館)の副題で、小川原脩の長年の創作姿勢を表しており、本展では 小川原作品の全年代をご覧いただきます。
 また、前年度修復作品「植物園」(1937 年)を公開予定です。

会期:4月28日(土)~8月26日(日)

企画展
武内コレクション・プラス展「小さな犬の作品たち」
 道内外の著名な作家作品が多く含まれる故・武内一男氏寄贈の「武 内コレクション」、その多彩な作品をご覧ください。
 あわせて、小川原脩の愛らしい小品「犬・4」を中心に「ちいさな犬たち」の作品を ご紹介します。

会期:4月28日(土)~7月8日(日)

―6月のイベント情報―​
◆土曜サロン
アート探訪〈みて☆きいて〉15「農民画家ブリューゲル」
16世紀のフランドル(今のベルギー、オランダ)絵画を代表するブリューゲル。寓意画や風景画、農民の日常生活をありのままに描いた作品を数多く残しています。
日時:6月2日 土曜日 14時から15時
お話し:柴 勤(当館館長) 会場:当館映像ルーム(無料)

◆アート・シネマ館
「ブリューゲルの動く絵」2011年/ポーランド・スウェーデン/96分[監督] レフ・マイェフスキ
ブリューゲルの名作「十字架を担うキリスト」の世界を、実写の映像とCDにより再現。絵の中の風車が回り出すとともに、描かれた人々や動物たちが一斉に動き出します。
日時:6月9日 土曜日 14時から15時40分
お話し:柴勤(当館館長) 会場:当館映像ルーム(無料)

◆ロビー・コンサート
「カザフ民族音楽演奏会」
ドンブラはカザフ族に古くら伝わるリュート型の弦楽器。ブケンバイ氏はドンブラの大家である父親の教えを受け、かつて大草原に鳴り響いていた伝統音楽を今に伝えています。
日時:6月16日 土曜日 14時から15 時
演奏:ブケンバイ 氏(ドンブラ)

◆アート・トーク
●6月23日 土曜日 13時から13 時30分【展示室/観覧料がかかります】
「小川原脩この一点<ある晴れた日に>」
展示している小川原脩の代表作から一点を選び、作品にまつわるお話をします。今回は、最も人気の高い作品「ある晴れた日に」。
[お話し] 沼田 絵美(学芸員) 
●6月30日 土曜日 13時から13 時30分【展示室/観覧料がかかります】
「小川原脩この一点<無題(馬)>」
今月2回目のアート・トークは戦前の「馬」を描いた作品がテーマ。描かれた背景には、当時の社会情勢が大きく関わっているのです。
[お話し] 柴勤(当館館長)

小川原脩記念美術館
倶知安町北6条東7丁目1(〒044-0006)
TEL:0136-21-4141 FAX:0136-21-4142

Shu Ogawara Museum of Art
Kita6,Higashi7,Kuchan,Hokkaido,JAPAN
tel:+81-136-21-4141 fax:+81-136-21-4142

BossaNova

「昼下がりのボサノヴァ」
1950年代のブラジルに端を発し世界を席巻したボサノヴァ。東京を拠点にしながら、北海道をはじめ全国各地で演奏活動を意欲的に展開する三浦俊一氏のギターをお楽しみいただきます。
日時:5月26日 土曜日 14時から15 時
演奏:三浦俊一氏(ギター)

小川原脩記念美術館
倶知安町北6条東7丁目1(〒044-0006)
TEL:0136-21-4141 FAX:0136-21-4142

Shu Ogawara Museum of Art
Kita6,Higashi7,Kuchan,Hokkaido,JAPAN
tel:+81-136-21-4141 fax:+81-136-21-4142

mutsuClick!(2回クリックすると大きくなります)

子どもから大人まで、誰もが楽しめる宮崎むつ先生のワークショップも3 年目を迎えます。今回のテーマは「線」。自由な線の中から一体何が生まれてくるかは、お楽しみ。
日時:5月19日 土曜日 10時30分から15時30分
講師:宮崎むつ先生(画家) 会場:当館ロビー(無料)

小川原脩記念美術館
倶知安町北6条東7丁目1(〒044-0006)
TEL:0136-21-4141 FAX:0136-21-4142

Shu Ogawara Museum of Art
Kita6,Higashi7,Kuchan,Hokkaido,JAPAN
tel:+81-136-21-4141 fax:+81-136-21-4142

T.AbeClick!(2回クリックすると大きくなります)

◆地域文化講座
「阿部典英~創作の原点」
「オヨメサン」や「ネエ ダンナサン」のシリーズ名からも想像できるように、造形の世界を自由に軽やかに飛び回る阿部典英氏。小樽を拠点に世界へと活動を展開する創作の原点は意外にも・・・。
日時:5月17日 木曜日 18時から19時
お話し:阿部典英氏(美術家) 会場:当館ロビー(無料)

小川原脩記念美術館
倶知安町北6条東7丁目1(〒044-0006)
TEL:0136-21-4141 FAX:0136-21-4142

Shu Ogawara Museum of Art
Kita6,Higashi7,Kuchan,Hokkaido,JAPAN
tel:+81-136-21-4141 fax:+81-136-21-4142

2018MayClick!(2回クリックすると大きくなります)

小川原脩記念美術館より2018年5月のお知らせです。

常設展
小川原 脩展 遥かなるイマージュ1
 「遥かなるイマージュ」は 1988 年に開催された回顧展(道立近代美術館)の副題で、小川原脩の長年の創作姿勢を表しており、本展では 小川原作品の全年代をご覧いただきます。
 また、前年度修復作品「植物園」(1937 年)を公開予定です。

会期:4月28日(土)~8月26日(日)

企画展
武内コレクション・プラス展「小さな犬の作品たち」
 道内外の著名な作家作品が多く含まれる故・武内一男氏寄贈の「武 内コレクション」、その多彩な作品をご覧ください。
 あわせて、小川原脩の愛らしい小品「犬・4」を中心に「ちいさな犬たち」の作品を ご紹介します。

会期:4月28日(土)~7月8日(日)

―5月のイベント情報―​
★5月5日 「こどもの日」は小中学生無料です!

◆アート・シネマ館
「美術館を手玉に取った男」2014 年/89 分/ アメリカ(字幕)
2011年、アメリカの多くの美術館で展示されていた作品が、贋作であると判明しました。それらは、ある贋作作家が無償でそれぞれの美術館に慈善事業として寄贈したものだったのです。
日時:5月12日 土曜日 14時から15時40分
お話し:柴勤(当館館長) 会場:当館映像ルーム(無料)

◆地域文化講座
「阿部典英~創作の原点」
「オヨメサン」や「ネエ ダンナサン」のシリーズ名からも想像できるように、造形の世界を自由に軽やかに飛び回る阿部典英氏。小樽を拠点に世界へと活動を展開する創作の原点は意外にも・・・。
日時:5月17日 木曜日 18時から19時
お話し:阿部典英氏(美術家) 会場:当館ロビー(無料)

◆ロビー・コンサート
「昼下がりのボサノヴァ」
1950年代のブラジルに端を発し世界を席巻したボサノヴァ。東京を拠点にしながら、北海道をはじめ全国各地で演奏活動を意欲的に展開する三浦俊一氏のギターをお楽しみいただきます。
日時:5月26日 土曜日 14時から15 時
演奏:三浦俊一氏(ギター)

◆造形活動ワークショップ
「むつ先生と絵遊びしよう!~ゆっくり ゆっくり せんのさんぽ」
子どもから大人まで、誰もが楽しめる宮崎むつ先生のワークショップも3 年目を迎えます。今回のテーマは「線」。自由な線の中から一体何が生まれてくるかは、お楽しみ。
日時:5月19日 土曜日 10時30分から15時30分
講師:宮崎むつ先生(画家) 会場:当館ロビー(無料)

小川原脩記念美術館
倶知安町北6条東7丁目1(〒044-0006)
TEL:0136-21-4141 FAX:0136-21-4142

Shu Ogawara Museum of Art
Kita6,Higashi7,Kuchan,Hokkaido,JAPAN
tel:+81-136-21-4141 fax:+81-136-21-4142

DALIClick!(2回クリックすると大きくなります)

小川原脩記念美術館からお知らせです。
4月14日は柴館長のお話と映像によるアート・シネマ館で、ダリのドキュメンタリーを上映します。
本人に加えブニュエルやヒッチコックも登場します。

◆アート・シネマ館
「ドキュメンタリー”サルヴァドール・ダリ” SALVADOR DALI 」1987年/75分/イギリス(字幕)
出演/サルヴァドール・ダリ、アルフレッド・ヒッチコック、ルイス・ブリュエルほか

スペインが生み出した20世紀最大の芸術家サルヴァドール・ダリ。絵画、彫刻、随筆、ファッション、映画という多岐にわたる作品の数々を振り返りながら、その個性あふれる人物像と生涯に迫るドキュメンタリー映画。 シュルレアリスム映画の代表作「アンダルシアの犬」を共同制作したブニュエルやダリ美術館の創設に貢献したモース夫妻、幻想的な夢のシーンの演出をダリに依頼したサスペンス映画の巨匠ヒッチコックなども登場。このアーティストの奇抜な側面と、その作品の背景に隠された哲学を紐解いていきます。

  • 日時:4月14日 土曜日 14:00~15:20
  • お話し:柴 勤(当館館長)
  • 会場:当館映像ルーム 聴講無料

展示もどうぞご覧ください(要観覧料)
常設展
小川原 脩展 アジアの街角で
会期:12月2日 土曜日~2018年4月15日 日曜日
小川原脩は、70歳を目の前に訪れた中国を皮切りに、チベット、インドを6年間に渡り計6回訪ね歩きました。悠久の時の流れの中で、自然と人間、動物たちが温かく交歓する世界をお楽しみください。

【今後の展示】
小川原 脩展 遥かなるイマージュ1
 「遥かなるイマージュ」は 1988 年に開催された回顧展(道立近代美術館)の副題で、小川原脩の長年の創作姿勢を表しており、本展では 小川原作品の全年代をご覧いただきます。
 また、前年度修復作品「植物園」(1937 年)を公開予定です。

会期:4月28日(土)~8月26日(日)

企画展
くっちゃんART 2018
 今年で 10 回目を迎える「くっちゃん ART」は、倶知安町はもとよりニセコ・羊蹄山麓周辺で芸術活動に身を置く作家、さらにはそれらの作家と交流のある海外在住の作家が多様な表現による多彩な作品を持ち寄り、さらなる交流を深める、この地域ならではの国際性を反映したユニークな展覧会です。小さな美術館で、多くの作家が集う、賑やかな展覧会を開催します。
国内外の19名の作家による油彩や水彩画、日本画、版画、陶芸、写真、書など、多彩なジャンルの作品が春の展示室を華やかに彩ります。
会期:2月10日 土曜日から4月15日 日曜日

【今後の展示】
武内コレクション・プラス展「小さな犬の作品たち」
 道内外の著名な作家作品が多く含まれる故・武内一男氏寄贈の「武 内コレクション」、その多彩な作品をご覧ください。
 あわせて、小川原脩の愛らしい小品「犬・4」を中心に「ちいさな犬たち」の作品を ご紹介します。

会期:4月28日(土)~7月8日(日)

小川原脩記念美術館
倶知安町北6条東7丁目1(〒044-0006)
TEL:0136-21-4141 FAX:0136-21-4142

Shu Ogawara Museum of Art
Kita6,Higashi7,Kuchan,Hokkaido,JAPAN
tel:+81-136-21-4141 fax:+81-136-21-4142

aprilClick!(2回クリックすると大きくなります)

小川原脩記念美術館より2018年4月のお知らせです。

常設展
小川原 脩展 アジアの街角で
会期:12月2日 土曜日~2018年4月15日 日曜日
小川原脩は、70歳を目の前に訪れた中国を皮切りに、チベット、インドを6年間に渡り計6回訪ね歩きました。悠久の時の流れの中で、自然と人間、動物たちが温かく交歓する世界をお楽しみください。

【今後の展示】
小川原 脩展 遥かなるイマージュ1
 「遥かなるイマージュ」は 1988 年に開催された回顧展(道立近代美術館)の副題で、小川原脩の長年の創作姿勢を表しており、本展では 小川原作品の全年代をご覧いただきます。
 また、前年度修復作品「植物園」(1937 年)を公開予定です。

会期:4月28日(土)~8月26日(日)

企画展
くっちゃんART 2018
 今年で 10 回目を迎える「くっちゃん ART」は、倶知安町はもとよりニセコ・羊蹄山麓周辺で芸術活動に身を置く作家、さらにはそれらの作家と交流のある海外在住の作家が多様な表現による多彩な作品を持ち寄り、さらなる交流を深める、この地域ならではの国際性を反映したユニークな展覧会です。小さな美術館で、多くの作家が集う、賑やかな展覧会を開催します。
国内外の19名の作家による油彩や水彩画、日本画、版画、陶芸、写真、書など、多彩なジャンルの作品が春の展示室を華やかに彩ります。
会期:2月10日 土曜日から4月15日 日曜日

【今後の展示】
武内コレクション・プラス展「小さな犬の作品たち」
 道内外の著名な作家作品が多く含まれる故・武内一男氏寄贈の「武 内コレクション」、その多彩な作品をご覧ください。
 あわせて、小川原脩の愛らしい小品「犬・4」を中心に「ちいさな犬たち」の作品を ご紹介します。

会期:4月28日(土)~7月8日(日)

―4月のイベント情報―​

◆土曜サロン
アート探訪〈みて☆きいて〉13「サルバドール・ダリ~世界が愛した 芸術家」
独特の口ひげと奇行で知られる異色の画家ダリ。その芸術は、幻覚 や意識下の世界を写実的に表現するなど、シュルレアリスムに一時代 を画し、小川原脩を含め日本にも大きな影響を与えます。
日時:4月7日 土曜日 14時から15時
お話し:柴 勤(当館館長) 会場:当館映像ルーム(無料)

◆アート・シネマ館
「SALVADOR DALI」1987年/75分/イギリス(字幕)
スペインが生み出した 20 世紀最大の芸術家ダリ。その絵画、彫刻、随筆、ファッション、映画という多岐にわた る作品の数々、神秘的な人生、情熱的な人柄を紹介するドキュメンタリー映画。
日時:4月14日 土曜日 14時から15時30分
お話し:柴 勤(当館館長) 会場:当館映像ルーム 聴講無料

◆土曜サロン
アート・トーク
新年度最初の企画展示は、「ちいさな犬たち」がメイン・テーマ。 当館学芸員が、展覧会場の中で、皆さんと楽しくお話をしながら、小 川原脩の魅力あふれる世界をご紹介します。
日時:4月28日 土曜日 14時から15時
お話し:沼田絵美(当館学芸員) 会場:当館第2展示室(無料)

小川原脩記念美術館
倶知安町北6条東7丁目1(〒044-0006)
TEL:0136-21-4141 FAX:0136-21-4142

Shu Ogawara Museum of Art
Kita6,Higashi7,Kuchan,Hokkaido,JAPAN
tel:+81-136-21-4141 fax:+81-136-21-4142

stealClick!(2回クリックすると大きくなります)

小川原脩記念美術館からお知らせです。
3月31日は柴館長のお話と映像によるアート・シネマ館です。ファッショナブルなヘプバーンが見せる華麗な愛と盗みのテクニックが見所、「おしゃれ泥棒 How to steal a million 」を鑑賞します。
美術コレクターのボネ、実はすご腕の贋作(がんさく)作家。一人娘の二コルは、父親がいつか捕まるのではないかと気が気でない。そこへ、ボネを不審に思った美術商から調査を依頼された探偵デルモットが現れる。二コルにあっさり見つかったデルモットは、二人で美術館に出品された贋作のヴィーナス像を盗み出すことになる・・・ 世界の女性が憧れたジパンシー・ファッションに身を包んだヘプバーンが、スタイリッシュなパリの街を舞台に見せる盗みと愛のテクニックとは・・・

◆アート・シネマ館
「おしゃれ泥棒 How to steal a million 」1996年/アメリカ/123分
主演:オ-ドリー・ヘプバーン

  • 日時:3月31日 土曜日 14:00~16:10
  • お話し:柴 勤(当館館長)
  • 会場:当館映像ルーム 聴講無料

展示もどうぞご覧ください(要観覧料)

常設展
小川原 脩展 アジアの街角で
会期:12月2日 土曜日~2018年4月15日 日曜日
小川原脩は、70歳を目の前に訪れた中国を皮切りに、チベット、インドを6年間に渡り計6回訪ね歩きました。悠久の時の流れの中で、自然と人間、動物たちが温かく交歓する世界をお楽しみください。
企画展
くっちゃんART 2018
 今年で 10 回目を迎える「くっちゃん ART」は、倶知安町はもとよりニセコ・羊蹄山麓周辺で芸術活動に身を置く作家、さらにはそれらの作家と交流のある海外在住の作家が多様な表現による多彩な作品を持ち寄り、さらなる交流を深める、この地域ならではの国際性を反映したユニークな展覧会です。小さな美術館で、多くの作家が集う、賑やかな展覧会を開催します。
国内外の19名の作家による油彩や水彩画、日本画、版画、陶芸、写真、書など、多彩なジャンルの作品が春の展示室を華やかに彩ります。
会期:2月10日 土曜日から4月15日 日曜日

小川原脩記念美術館
倶知安町北6条東7丁目1(〒044-0006)
TEL:0136-21-4141 FAX:0136-21-4142

Shu Ogawara Museum of Art
Kita6,Higashi7,Kuchan,Hokkaido,JAPAN
tel:+81-136-21-4141 fax:+81-136-21-4142