小川原脩記念美術館5月の予定

0

2018MayClick!(2回クリックすると大きくなります)

小川原脩記念美術館より2018年5月のお知らせです。

常設展
小川原 脩展 遥かなるイマージュ1
 「遥かなるイマージュ」は 1988 年に開催された回顧展(道立近代美術館)の副題で、小川原脩の長年の創作姿勢を表しており、本展では 小川原作品の全年代をご覧いただきます。
 また、前年度修復作品「植物園」(1937 年)を公開予定です。

会期:4月28日(土)~8月26日(日)

企画展
武内コレクション・プラス展「小さな犬の作品たち」
 道内外の著名な作家作品が多く含まれる故・武内一男氏寄贈の「武 内コレクション」、その多彩な作品をご覧ください。
 あわせて、小川原脩の愛らしい小品「犬・4」を中心に「ちいさな犬たち」の作品を ご紹介します。

会期:4月28日(土)~7月8日(日)

―5月のイベント情報―​
★5月5日 「こどもの日」は小中学生無料です!

◆アート・シネマ館
「美術館を手玉に取った男」2014 年/89 分/ アメリカ(字幕)
2011年、アメリカの多くの美術館で展示されていた作品が、贋作であると判明しました。それらは、ある贋作作家が無償でそれぞれの美術館に慈善事業として寄贈したものだったのです。
日時:5月12日 土曜日 14時から15時40分
お話し:柴勤(当館館長) 会場:当館映像ルーム(無料)

◆地域文化講座
「阿部典英~創作の原点」
「オヨメサン」や「ネエ ダンナサン」のシリーズ名からも想像できるように、造形の世界を自由に軽やかに飛び回る阿部典英氏。小樽を拠点に世界へと活動を展開する創作の原点は意外にも・・・。
日時:5月17日 木曜日 18時から19時
お話し:阿部典英氏(美術家) 会場:当館ロビー(無料)

◆ロビー・コンサート
「昼下がりのボサノヴァ」
1950年代のブラジルに端を発し世界を席巻したボサノヴァ。東京を拠点にしながら、北海道をはじめ全国各地で演奏活動を意欲的に展開する三浦俊一氏のギターをお楽しみいただきます。
日時:5月26日 土曜日 14時から15 時
演奏:三浦俊一氏(ギター)

◆造形活動ワークショップ
「むつ先生と絵遊びしよう!~ゆっくり ゆっくり せんのさんぽ」
子どもから大人まで、誰もが楽しめる宮崎むつ先生のワークショップも3 年目を迎えます。今回のテーマは「線」。自由な線の中から一体何が生まれてくるかは、お楽しみ。
日時:5月19日 土曜日 10時30分から15時30分
講師:宮崎むつ先生(画家) 会場:当館ロビー(無料)

小川原脩記念美術館
倶知安町北6条東7丁目1(〒044-0006)
TEL:0136-21-4141 FAX:0136-21-4142

Shu Ogawara Museum of Art
Kita6,Higashi7,Kuchan,Hokkaido,JAPAN
tel:+81-136-21-4141 fax:+81-136-21-4142