土曜サロン「印象派の旅」 Journey around the Impressionism

0

impression モネ「印象・日の出」(1873)とゴッホ「アルルのはね橋」(1888)

小川原脩記念美術館の土曜サロン、3月は2月に引き続き柴館長による「印象派の旅」です。

【日時・場所】
1)3月 7日(土)14時~15時 「印象派の旅3 ルーアンからノルマンディー」
2)3月14日(土)14時~15時 「印象派の旅4 パリからアルルへ」

 いずれも小川原脩記念美術館映像ルームにて。参加は無料です。
  ※常設展・企画展の観覧には入場料が必要です。

1)のルーアンとは、モネがルーアン大聖堂の連作を制作した町、ノルマンディーとは印象派の記念碑的な作品であるモネの「印象・日の出」が制作されたル・アーヴルの港町一帯を指す地方名です。
2)のアルルは、オランダからパリへ出てきて印象派に衝撃を受けたゴッホが、画家仲間の共同体を夢見て辿りついた南フランスの町です。

【講師】
柴  勤 (しば つとむ) さん
小川原脩記念美術館 館長

小川原脩記念美術館(ご利用案内
倶知安町北6条東7丁目1(〒044-0006)
TEL:0136-21-4141 FAX:0136-21-4142

Shu Ogawara Museum of Art
Kita6,Higashi7,Kuchan,Hokkaido,JAPAN
tel:+81-136-21-4141 fax:+81-136-21-4142